ここから本文です

【早くも大ヒット中の王者の刷新情報ゲット!!】N-BOX 10月4日に新型へ!

9/9(月) 9:00配信

ベストカーWeb

【早くも大ヒット中の王者の刷新情報ゲット!!】N-BOX 10月4日に新型へ!

 2代目N-BOXが2017年8月31日に発売されてから丸2年が経過し、そろそろマイナーチェンジするのではないかという情報が入ってきた。

(画像ギャラリー)【早くも大ヒット中の王者 刷新情報をゲット】N-BOX 10月4日に新型へ!

 ここで、改めてN-BOXの新車販売台数を見るとその人気ぶりに驚かされる。

 N-BOXは、2018年の販売台数が2017年暦年の販売台数を上回る24万1870台を記録し、4年連続の軽自動車販売台数1位(2014~2018年)を達成。

 登録車を含めた年間総合新車販売台数でも2年連続の1位(2017~2018年)を達成したほか、2019年1~6月の新車販売台数においても、13万1233台を記録し、登録車を含めた年間総合新車販売台数1位を獲得している。

 まさに独走を続ける、日本のベストセラーカーである。はたして、そのN-BOXのマイナーチェンジはどんな内容になるのか? 流通ジャーナリストの遠藤徹氏が新車ディーラーを回って徹底調査したので報告しよう。

文/遠藤徹
写真/ベストカーWEB編集部

2019年10月3日に発表、10月4日に発売!

 「軽四輪車新車販売台数で4年連続、登録車を含む国内総合新車販売台数ランキングでは2年連続で第1位を獲得しているN-BOX。

 直近の2019年8月の販売台数は1万8282台で1位、以下2位は1万6838台でタント、1万3432台でデイズが3位と続いており、独走態勢は変わらない。2019年1~8月の販売台数では1位のN-BOXは17万3564台と、11万3186台で2位につけたタントに6万378台という圧倒的な差を付けている。

■2019年8月の軽自動車販売ランキング
1位/N-BOX 1万8282台(1位/17万3564台)
2位/タント 1万6838台(2位/11万3186台)
3位/デイズ 1万3432台(4位/10万8022台)
4位/スペーシア 1万674台(3位/11万3112台)
5位/ムーヴ 8802台(5位/8万7981台)
6位/N-WGN 6958台(10位/2万9909台)
7位/ワゴンR 6449台(7位/6万4498台)
8位/ミラ 6434台(6位/6万9527台)
9位/アルト 4751台(8位/4万8334台)
10位/ek 3822台(9位/3万2801台)
※カッコ内は2019年1~8月の販売台数

 まさに一人勝ちといった感じの王者N-BOXだが、これだけ人気なのだから、2年ぶりとはいえ、まさかフェイスリフトすることはないだろうと思いながら、首都圏のホンダディーラーを調査した。

 1ヵ月以上も先なのに早くも販売の現場にはN-BOXのマイナーチェンジ情報が入ってきていた。それだけ重要車種ということなのだろう。

 2年ぶりにマイナーチェンジするN-BOXの正式発表日は2019年10月3日、翌4日から発売開始する。

 今回は、これから重要度が高まってくる衝突軽減ブレーキの検知機能拡大、リアワイドカメラの商品性向上によって、安心、安全性能をさらに強化。

 運転席・助手席シートヒーターなどの適用を拡大、快適性の向上を図る。これによってトップセラーを引き続き堅持する方針である。エクステリア、インテリアのデザインについては大きな変更はない。

1/3ページ

最終更新:9/9(月) 9:00
ベストカーWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事