ここから本文です

iPhoneは世界をどう変えたのか? その12年の歴史を振り返る

9/9(月) 8:11配信

WIRED.jp

それはガジェットの歴史において最もよく売れた製品であると同時に、おそらく最も大きな影響を及ぼした製品でもある。

【画像ギャラリー】歴代のiPhoneをもっとみる

スティーブ・ジョブズによって2007年に発表されて以来、「iPhone」は15億台近くが販売され、アプリ開発者とアクセサリーメーカーのための巨大ビジネスを生み出し、わたしたちの生活を一変させた。いまでは数え切れない数の人たちが、iPhoneを唯一のコンピューターとして使っている。

それだけではない。iPhoneはコンピューターであると同時に唯一のカメラであり、GPS端末、音楽プレーヤー、コミュニケーションツール、旅行計画ツール、出会い系ツール、決済ツールの役割まで果たしている。iPhoneは“世界”をポケットに収めてくれるデヴァイスなのだ。

世界を再構築する「iPhone効果」

iPhone以前、大半のスマートフォンは「BlackBerry(ブラックベリー)」の“コピー”のようなものだった。ところがiPhoneの登場を機に、今度はあらゆるスマートフォンがアップルを模倣するようになった。

ほとんどのスマートフォンが大きな画面に美しいデザイン、絶えず改善されるカメラを備えている。ベゼル(画面の枠)がないディスプレイの上端に「ノッチ」と呼ばれる切り欠きがあり、そこにフロントカメラが収められているところまで同じだ。

こうした「iPhone効果」が影響を及ぼす先は、スマートフォンの世界にとどまらない。アップルとその競合メーカーは極めて多くのスマートフォンを生産するために、世界中に張り巡らされた巨大なサプライチェーンを構築したのだ。

同じメーカーが、いまではドローンやスマートホーム用ガジェット、ウェアラブル端末、自律走行車にまで同じ部品を供給している。これらの製品は外見上はスマートフォンに似ているわけではないが、スマートフォンがなければこれらの製品は存在しなかっただろう。

iPhoneとiPhone用アプリによって、世界はスマートフォンを中心につくり直された。こうしたなか一部の人々は、iPhoneがもたらしたものに疑問を抱き始めている。人々があまりに多くの時間をスマートフォンに費やし、顔を下に向け、周囲の人や状況を無視している状況を懸念しているのだ。

特に疑いの眼差しが向けられているのはソーシャルメディアだ。無料アプリを使うとき、わたしたちはその見返りとして何かを渡す。この「交換条件」が存在していることを、わたしたちは常に承知していた。だが、いま疑問視されているのは、そのすべてのデータが最終的に、本当はどこに向かっているのかなのである。

人類は漠然としたストレスの感覚に慣れつつある。あまりに多くのものごとがひっきりなしに起きており、その状況から逃れたいと思っても実際に逃れることはできないという感覚だ。そしてスマートフォンは、ときにディストピアの様相を呈するこの“データの渦”へのポータルのひとつになっている。

一方で、iPhoneが人類の生活をすっかり変えてしまったこと、そして真の転換をもたらすものは既存の問題を解決するだけでなく、新たな問題を生み出すということも否定できない事実なのだ。

1/5ページ

最終更新:9/9(月) 8:11
WIRED.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事