ここから本文です

メーガン妃、全米オープン決勝で親友セリーナを応援。着用ドレスが完売!

9/9(月) 19:21配信

ハーパーズ バザー・オンライン

 メーガン妃が、現地時間7日に行われた全米オープン女子シングルス決勝で親友セリーナ・ウィリアムズを応援し、テニスファンを驚かせた。
 公務だけでなくコートサイドでもメーガン妃のファッションは注目の的に。彼女はジェイクルー(J Crew)のデニムのシャツドレス(132ドル)を着用して、自身のルーツであるアメリカにトリビュート。シャツドレスはすぐにオンラインで完売した。

【写真】ファンが捉えた、見たことのないロイヤルファミリーの瞬間

アクセサリーは、ヴィクトリア・ベッカム(Victoria Beckham)のアビエーター・サングラス(195ドル)、愛用しているキャロリーナ ヘレラ(Carolina Herrera)の「マトリョーシカ」バッグ、ジェニファーメイヤー(Jennifer Meyer)のターコイズのイヤリング(330ドル)とシンプルにまとめた。

最後に、やはりジェイクルーのクリーム色のウール・ブレザー(135ドル)を肩に羽織って、秋モードのアンサンブルに仕上げてスタイリングを成功させていた。

とは言え、US版『Vogue』編集長のアナ・ウィンターが後ろの席に座っていたのだから、メーガン妃がファッションにベストを尽くしていたのも不思議はない。

メーガン妃は到着すると、セリーナの夫アレクシス・オハニアンとハグ。試合中もずっと会話を交わしているのが見受けられた。

前回、メーガン妃がセリーナを応援したのは、ウィンブルドンの時。7月13日の女子シングルス決勝戦をキャサリン妃と観戦して話題になった。

メーガン妃は先週金曜日、ヘンリー王子と生後4ヶ月の息子アーチーをイギリスに残して、NYに到着。スターが勢揃いしたベイビーシャワー以来の訪問となった。

今週、9月12日には産休を終えて公務に復帰。「スマート・ワークス」でチャリティのワークウェアをローンチすることになっているから、もうすぐ、またメーガン妃に会えるようになる。

最終更新:9/9(月) 19:21
ハーパーズ バザー・オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事