ここから本文です

西野七瀬『あな番』で女優覚醒 「秋元Pへの恩返し」と話題

9/9(月) 17:28配信

女性自身

謎が謎を呼ぶ展開で注目を集めた、日本テレビ系の2クール連続ドラマ「あなたの番です―反撃編―」の最終回となる第20話が8日に放送され、最終回の平均視聴率が前話から7.1ポイントアップの19.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

同ドラマは、田中圭(35)と原田知世(51)がW主演。2人が演じる新婚夫婦が引っ越した分譲マンションで、連続殺人が起こるミステリー作品。同局では約25年ぶりの2クールの連続ドラマとなった。

「第1話は8.3%で、その後も1桁台と低調だったが、第11話からの『反撃編』に入ると徐々にネット上が盛り上がり、視聴率もアップした。制作サイドは10話までに謎をばらまき、それを徐々に『反撃編』で回収しながら視聴者の注目度をアップさせるという戦略だったが、見事に当たった。最終回のエンディングからして続編がありそう」(芸能記者)

最終回では、元乃木坂46の西野七瀬(25)演じる黒島沙和が連続殺人の黒幕であることや、その動機も明らかにされたが、業界内の評価は高かったようだ。

「あんな体を張った役をあそこまでできるとは思わなかったので、すっかり女優として覚醒したといえるでしょう。乃木坂を2月に卒業したばかりだが、今作で女優業が軌道に乗りそう。ドラマの企画・原案を手がけたのは乃木坂の総合プロデューサー・秋元康氏(61)とあって、秋元氏に対する“恩返し”になったのでは」(テレビ局関係者)

西野の次回作での役どころが注目される。

最終更新:9/9(月) 17:28
女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2882号・9月10日発売
毎週火曜日発売

特別定価430円(税込)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事