ここから本文です

《養子保険金殺人》遺体発見までの8時間“心配するふり”をした、鬼畜男の猿芝居

9/9(月) 16:00配信

週刊女性PRIME

 逮捕の約半年前、主犯格とされる内装業社長・宍倉靖雄容疑者(48)は、

「あいつら、カギを返していないんだぜ。黙って出ていきやがってよ~」

【写真】両腕に入れ墨、肉を焼く容疑者と見られる男

 と、被害者遺族の突然の引っ越しに口をとがらせたという。

5000万円の生命保険

 千葉県富津市で1月27日明け方に、会社の同僚らと4人で釣りをしていた内装工・宍倉拓也さん(享年23)が岸壁から転落したとみられる溺死体で見つかった事故は、8月28日に急展開を迎えた。

 同県警はいずれも一緒に釣りをしていた宍倉靖雄容疑者、彫り師・佐中佑輔容疑者(31)、内装工・金子栄司容疑者(50)を殺人の疑いで逮捕。靖雄容疑者の主導で3人が結託して突き落としたとみられている。

「3人とも容疑を認めているようだ。靖雄には多額の借金があり、従業員の金子は靖雄に金を借りていた。佐中の本職は入れ墨師だが、靖雄の会社でも働くなど借金返済に追われていた。全員の借金を清算するため靖雄は昨年、拓也さんと養子縁組して総額約5000万円の生命保険をかけていた」

 と全国紙社会部記者。

 靖雄容疑者を慕っていた拓也さんを千葉市内の会社事務所に住まわせ、昨年8月に養子にしたうえ勝手に保険金の受取人を拓也さんの母親から自分に変更していたという。

 富津市の現場近くの漁業関係者は「許せないですよね」と厳しい表情を見せた。

「当日は海が大荒れだったので“なんでこんな日に釣りなんかしたんだろう”と話していたんですよ。誰も転落した場面を目撃していないというので、陸地のどこかで倒れている可能性なども考えて必死に探し回りました。海底から遺体が見つかるまでの約8時間、あの3人は後輩を心配するパフォーマンスを続けたんです」(同関係者)

 なぜ、拓也さんはこんな男に引っかかってしまったのか。

 小・中学校の同級生らによると、拓也さんは小学生のころから母子家庭で育った。妹が1人いる。

「おとなしくてクラスでは目立たないタイプ。口数が少なく、ぼそぼそとしゃべる感じだった。気が合うのか、休み時間はおとなしめの女子たちと話したり、一緒に帰ることもあった。わりと同じ服を着ていて家庭事情が複雑だったと聞いている」(同級生)

1/2ページ

最終更新:9/9(月) 16:00
週刊女性PRIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい