ここから本文です

錦戸亮脱退の関ジャニ、大倉忠義「残留の背景」と2年前の「トラウマ」

9/9(月) 21:00配信

週刊女性PRIME

 9月3日、東京ドームで関ジャニ∞の5大ドームツアー『十五祭』の千秋楽が行われた。当日訪れたファンは、“違和感”を持ったという。

【写真】教習所でバイクにまたがる姿が超絶美男! プライベートの錦戸亮

「終演後にファンに挨拶をするときの錦戸亮クンの顔が“やりきった”という感じのすがすがしい表情だったんです。対照的に村上信五クンや横山裕クン、丸山隆平クンは無理して笑っているような感じで気になっていたんです」

 “違和感”の正体は、その2日後に明らかになった。

 錦戸がグループを脱退し、ジャニーズ事務所も退所することが発表されたのだ。関ジャニは、同事務所では嵐に次ぐ人気を誇るグループだ。

「'04年にデビューした関ジャニは、60万人超ともいわれるファンクラブ会員を抱えています。'12年から紅白歌合戦に7年連続で出場し、昨年の全国ツアーでは約75万人を動員。今回で通算総動員数が1000万人に達したとみられています」(スポーツ紙記者)

 今でこそ盤石の人気を誇っているが、苦難も経験してきた。

「'05年には内博貴さんの未成年飲酒が発覚したことで、彼は無期限の活動休止に。昨年はメインボーカルの1人だった渋谷すばるさんが退所しました」(同・スポーツ紙記者)

7月からのツアーで起きていた“異変”

 今年3月に『週刊文春』で、錦戸が事務所退所に向けて話し合いを進めていることが報じられて以来、彼の動向はたびたび話題になっていた。

「退所を決めた最大の理由は、グループの象徴ともなっていた“お笑い路線”に限界を感じていたから。30歳を過ぎても、ポップな曲を歌うような“アイドル”であり続けることに悩んでいたそうです」(同・スポーツ紙記者)

 そんな彼が下した決断が影響したのか、7月から行われていた今回のツアーでは多くの“異変”が起きていた。

「毎年、ツアーの取材でテレビ局が入るのは東京ドームがお決まりなのですが、今年は京セラドームでした。東京ドームでは、すべてのムービー取材の申請が断られたそうです。報道陣の間では、“錦戸さんが、今回のコンサート終了後に退所を発表するのでは?”という声があがっていました」(テレビ局関係者)

 エンディングも、いつもと違うところがあった。

「最後にメンバーたちが出てくるのが恒例なのですが、今回は1人ずつリレー形式でのメッセージ映像が流れるだけだったんです」(同・テレビ局関係者)

1/3ページ

最終更新:9/9(月) 21:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」9/24号

定価400円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事