ここから本文です

【日本代表】初のW杯予選へイメージを膨らませる堂安律と冨安健洋。ふたりが考えるミャンマー戦のプランは――

9/9(月) 13:06配信

SOCCER DIGEST Web

堂安はピッチコンディションを考慮して…

 9月10日、日本代表はカタール・ワールドカップのアジア2次予選の初戦として、敵地でミャンマーと対戦する(トゥナン・スタジアム。日本時間の21時20分キックオフ予定)。
 
 高温多湿、雨、荒れたピッチなど、日本を苦しめそうな要素はいくつかあるが、ワールドカップ7大会連続出場を目指す森保ジャパンは、アウェーの地でどういった船出を切るのか。ミャンマー戦へ向けたイメージを語ってくれたのは、東京五輪世代でワールドカップ予選初挑戦となるアタッカーの堂安律とCBの冨安健洋だ。
 
 まず堂安はピッチコンディションや環境面を考慮しながら、シンプルな攻撃も選択肢に入れたいと語る。
 
「予想としては相手が引いて、自分たちにボールを持たしてくれるというところはあるので、そのなかで、パラグアイ戦のように(サイドハーフの)僕が中に入ってプレーできるとは限らないですし、時にはサイドに張ってクロスからの得点も大事だと思う。雨になればスリッピーになってアクシデントも起こるはずなので、そこも狙い目かなと感じます」
 
 また冨安健洋は、理想と現実の折り合いを付けることも大切だと口にする。
 
「理想と現実というところで、現実的なサッカーをすることも必要だと思いますし、強いチームは現実的なサッカーをして勝つチームだと感じます。なによりも結果にこだわるべきですし、チームとしても意思統一が必要なのかなと思います」
 
 さらに冨安はミャンマーのイメージについては「すばしっこい選手がいますし、しっかり我慢して対応したいです」と話す。
 
 大事なワールドカップ初戦へ、ふたりがどんなパフォーマンスを見せてくれるのか注目だ。
 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表 練習PHOTO】ミャンマー戦へ向けて、試合会場となるトゥウンナスタジアムで汗を流す!

最終更新:9/9(月) 13:24
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事