ここから本文です

2.5次元ボディのつくり方 体重減したらピンヒールが似合う美女イケメンに!【荒一陽・舞台「ZONE-00」弁天】

9/9(月) 18:58配信

ザテレビジョン

「今でこそ“こんな”風ですけど、基本、炭水化物が大好き。ごはんはいつも大盛にしますし、マヨラーです。甘いものも大好きで、締めにデザートでアイスとか食べちゃう」と語ってくれたのは『トワイライト・ミュージカル ZONE-00 月食(つきはみ)』(9月14日~23日 新宿・シアターサンモール)で、美脚で細身、ホットパンツにピンヒール、でも男性というキャラクター・弁天を演じる、荒一陽。7月に行われた同公演の初演でも弁天役を演じ、観客を魅了した。

弁天を演じる 荒 一陽(あら かずはる) 特殊メイク前は こんな素顔

■ 2か月半のダイエット・・そして母と妹が神秘に遭遇?

「舞台『ZONE-00』弁天役のお話をいただいたのが4月ごろで、キャラクターの絵を見たときに自分で大丈夫?と正直不安でした。実はこの頃ちょっと太ってしまってまして、カラダづくりしなくちゃ~というときに、このお話が来まして。2か月半でなんとかカラダづくりに成功しました」

――どんなダイエットを?

「炭水化物を抜くなどの食事制限をしました。ダイエット中も少しは、デザート食べたりちょっとマヨネーズかけたりはしてたんですけど、腹筋は毎日して。あとYouTubeでやせるエクササイズを見たり。前回の公演が終わってから、今回の公演の稽古が始まる3週間ぐらいの間はふつうに食べて、稽古が始まったらまたダイエットをはじめて。前回もかなりしぼったですけど、そこからさらに2キロほどしぼりました。ここまで体づくりを意識したキャラクターは初めてでしたし、この先もあるかどうかわからない。痩せられてよかったです」

――しかも、ダイエットしたからこそ、食べられるときに食べるご飯がめちゃくちゃおいしく感じたそうですね

「自由に食べられる、フリーダムな感じが幸せでした!公演あけに何も気にせず食べたラーメン! 米!(笑) 公演中のお弁当は、もったいないんですけど、ご飯は半分とか、三分の一しか食べなかったので、定食屋の茶碗一杯を残さず食べられるということに感動しましたね」

――でも、稽古が始まり、またカラダをしぼる期間に

「それはそれで楽しい! どんどん引き締まっていく体とか、顔もやせたんで、よかったです」

――前回の公演では、おかあさんと妹さんが観劇されたそうで。

「妹は僕の舞台を初めて観に来てくれて、うれしかったですね。千両がかっこよかったって言ってましたけど(笑) 舞台が終わったあとで、劇場ビルのエレベーター内で、お客さんで、弁天のプロマイドを見て『すごい弁天よかった』『男なのにキレイだった』と言ってくれた方と一緒だったそうで。横にいた妹が母に『自分の息子なんですって言え』って言ったらしく(笑) それで本当に言ったらしいんですよ『実は息子なんです、ありがとうございます』って。そのお客さんもはじめポカンと「え?」って感じだったみたいですけど、最後は涙を流して、母に握手を求めたそうで、すごい経験をエレベーターでしたみたいです(笑)」

――ちなみにオフの日の荒さんはどんなことを?

「プレイステーション4をゲットしてしまいまして、ずっとゲームやっています。バイオハザードとか。(PS4)持ってたらめっちゃやっちゃうぞと、わざと買わなかったんですけど、とあるお仕事の打ち上げの抽選会でいただいてしまい、いただいてしまったらやるしかない!とめちゃやってます」

――次回の9月公演の見どころは?

「歌が一新されますし、ダンスも新しくなります。歌うことも踊ることも好きなので、ミュージカルを精一杯やりたい。前回は殺陣のシーンで歌っていたので、かっこいい感じの曲だったんですけど、次は『居酒屋弁天』で、みんなで盛り上がれるような曲になると思うので、お客さんといっしょに楽しみながら、歌いたいです!」

――前回は銭湯シーンで、みんな裸になってましたけど、今回も脱ぎます?

「裸になるのでは?・・冗談です(笑) でも、みんな鍛えてますよ。仲いいです、みんな。7月公演が終わって、合間の夏休み(?)が終わって二学期が始まって、前回の5人が集まって、そこに転校生(新キャラ黒薔薇朧児役・富永勇也)がきた、という感じなんですが、僕の役の弁天が居酒屋をやっているので、みんなを飲みに誘います! 今日行こうよ!って。新宿とかで飲むときは居酒屋弁天@新宿だね!って。飲みニケーションですね。仲がよい部分って芝居にも表れるんで。自分が出てないシーンでも稽古場の片隅で見ててニヤニヤしています。みんな、面白いな~って」

――9月公演への意気込みを教えてください

「弁天というキャラクターにまっすぐに向き合ってます。2回目なので、よくなって当然だし、自分自身も絶対によくしてやるぞ!という気持ちです。弁天は美しく、強いキャラなので、前回よりも余裕感を出したいですね」(ザテレビジョン)

最終更新:9/11(水) 16:43
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン39号
9月18日

定価:410円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事