ここから本文です

2.5次元ボディのつくり方 筋肉のみで4キロ増・男が惚れる細マッチョボディ【田中晃平・舞台「ZONE-00」千両 】

9/9(月) 18:58配信

ザテレビジョン

「この千両の役が決まってから、体を鍛え始めました。ジムに行って、食事制限して、プロティンのんで・・ってすごい生活をしていましたね。3か月で4キロ増、食事は抑えていたので筋肉だけで体重増やして。アスリートみたいですよね」と語ってくれたのは『トワイライト・ミュージカル ZONE-00 月食(つきはみ)』(9月14日~23日 新宿・シアターサンモール)で、鍛えられた筋肉質の上半身を大胆に露出したキャラクター・千両を演じる、田中晃平。7月に行われた同公演の初演でも千両役を演じ、月彦(堀田優希)との激闘シーンでは、闘う筋肉美を余すことなく披露した。

千両を演じる 田中晃平(たなか こうへい) 特殊メイク前は こんな素顔

■ 脱ぐことに抵抗がなくなって「なんなら、もっと見てくれ!」

――細マッチョな素敵な筋肉。普段は筋トレどれくらいやってます?

「ノルマは決めないでやってます。限界までです。腹筋だったらジムのトレーナーさんがこのやり方が一番しんどいという方法でやってます。回数を決めちゃうと回数をこなすために力を配分してやっちゃう。そうしないようにカウントせずに、限界までやる。限界✕3セット! 家では無心で目をつぶりながらやってます。限界までやってバタっと倒れて ⇒ また起きて、限界までやって ⇒ 倒れて。一回、筋肉をこわさないと成長しないって言われるんで。筋肉痛がこないと、筋肉が壊れていない証拠。追い込まないと、筋肉にとって意味のない時間をすごしちゃったな、と反省しますね(笑) 今は新しい筋肉をつくりはじめたところです。絞り込んで、鍛えて鍛えて。サラダチキン食べて。夜は食べちゃいけない・・」

――昔から田中さんは、そんな感じですか?

「いや。普段はガンガン食べるし、お酒もガンガン飲むし、でもジムのトレーナーさんいわく、お酒が筋肉に一番よくないと。そう言われたら、控えるしかない。実は7月の「ZONE-00」の公演が終わったあと、別の作品の公演に入って『作品違うしカラダ露出しないし、いっか』って、これまでの生活に戻したら急に体が戻ちゃって、前回の「ZONE-00」のときの写真を見るともっと体が大きかったんですよ。これ、サボったツケがきているな、と」

――そういうものなんですね

「後悔しましたよ。こんなに体ってすぐ戻っちゃうんだって。あの筋肉たちが急にシュッとしちゃって・・。また、稽古場でも筋トレしています。今日の衣装をつけた撮影中も、隙間があれば腕立てとか、腹筋とかしてました」

――前回公演では、観客からの反響で、特に大きかったのは、弁天のキレイな足と、千両の筋肉でした

「純粋にうれしいです。見られる役と分かっていて鍛えたので、脱ぐことに抵抗がなくなったというか、恥じらいもないというか、『なんなら、もっと見てくれ!』と思います。筋トレすると自信が付きますね。これまで趣味という趣味を持ってなかったんですよ。インドア派で録画したバラエティ番組みるぐらいで。趣味ほしいな~って思っていたところで。筋トレを始めてから、筋トレ自体が好きになりまして。家から歩いてすぐのところにジムがあって、休みの日に通うようになりました。鍛えて、体が変わっていく過程が好きですね。自分で何を言ってるんだ?って感じなんですけど、鍛えて自分の体が好きになりました。腹筋だったら、今までなかった線がキレた。だったら、もう一段下まで増やしたい!みたいな。筋トレしてから、人が変わった、違った生き方ができるようになって気がします。もともと趣味がなかったんで、筋トレに没頭できたのが、よかったのかな」

■ 稽古場のトレンドワード:「プロティン」と「サラダチキン」

――「サラダチキン」を食べてるという話は、弁天さん含め、みなさん言ってました!

「そうなんですよ、稽古場で(弁天役の)荒くんが食事制限をしていると、良いか悪いかは別としてまわりに影響を与えちゃって、みんな食事制限しだしちゃって、アンサンブルのモノノケ役の人たちは食事制限しなくていいのに『サラダしか食べない!』とか言っちゃって。伝播していって。みんなが鍛えている合宿所みたいです」

――新加入した黒薔薇朧児(ろうじ)役の富永勇也さんも「プロティンを買った」と言ってました

「プロティンがはじまりですね。買ってからがスタートみたいな。僕も海外サイトを見て、わざわざ取り寄せています。これまでは一切飲んでなかったんですけど、この作品のために飲み始めましたね」

――みなさん、仲がよさそう

「仲がいいですね。学校みたいな空気感があります。アンサンブルの人たち含めて、座組全員が『ひとクラス』。男子校に通っている感じです。みんなで飲みに行くと、作品のことも話しますけど、與座(亘)、澤田(征士郎)が年下なので、みんなでいじるという、お決まりの流れがあります。富永くんも知りあいだったんで、元からいた空気感です。すぐなじみました。お酒飲んだら、友だちだよね!って。いい座組です」

――ほか出演者に「どの役がカッコいい?」と聞くと、千両という声が多かったです

「うれしいですね。一途なところが男として惚れる、男ウケがいいんでしょうね。僕は、黒薔薇憐児(れんじ)が好きです。普段おちゃらけてますけど、ひとりだけズバ抜けた大人の空気感。いい意味で浮いている存在。あの空気感、ずるいなぁと思います。自分が『違う役をやっていいです』と言われたら、黒薔薇をやりたいですね」

■ 前職はコック。役者の仕事につくなんて・・

――役者・田中晃平はどんな方ですか?

「実は飲食店で働くコックだったんです。けっこう激務で朝から毎日終電まで働いて。そんななか唯一の楽しみが、休みの日に行く映画館でした。役者の仕事につくなんて思ってなかったんですけどね。飲食店をやめたときに、今の事務所と縁がありまして。こういう世界もあるんだと知りました」

「役者になって一番楽しいのは、カーテンコールですね。公演が終わって、役がはがれて、自分として、拍手をしてくれるお客さんの笑顔を見たときは本当にやっててよかったな、と。一番最初にやった舞台は、お客さんが5人しかいない小劇場だったんですけど、それでも、何者でもない自分に拍手を送ってくれてすごいなぁ、あー、役者っていいなぁって思いました。前回の『ZONE-00』の千穐楽では3回カーテンコールがあって、まさか、ステンディングオベーションをいただけると思っていなくて、あれは、びっくりしました。自分ではあんまり、舞台上で泣いちゃいけないとおもっているんですが、めちゃくちゃ感極まりましたね。でも(舞台に並んだ)左右の二人(澤田、堀田)がボロボロ泣いていて、こんなに泣かれたら、俺、泣けないなー(笑)と。だいぶ感極まったんですけどね。スタンディングオベーションいただけたときは本当に、ぐっときちゃいそうになりますね」

――9月公演「月食」(つきはみ)の見どころを教えてください

「前回の満月篇は、千両に重きを置いてもらって月彦とのシーンが重点的だったんですけど、今回は黒薔薇朧児が登場することで、黒薔薇憐児との物語が深く掘り下げられています。千両は、今回はかなりコメディ要員ですね。おちゃめでやんちゃな部分が、全力で出されている脚本です」

「『ZONE-00』をまたやらせていただけますが、作品が続くってあたりまえって思っちゃいけないな、と思っています。続編がない舞台もたくさんあるなかで、こんなに早く、やらせていただけるというのは役者としてはうれしいですし、一方で、プレッシャーもあってこの短い期間でいかに変わったかということを見せなくてはいけません。変わったところをどう見せるか、ということは僕らの仕事でもあり、今回で絶対終わりにしたくない、次につなげたいです。前回、ご好評をいただいて、今回があると思っておりますので、今回もちゃんとお客さんに届けて、愛していただいて、次につなげていきたいと思います。まだまだ、見たいキャラクターもいっぱいいますので。千両としては、まだ見ぬ『真夜子』に一番逢いたいと思ってます。続けていって、どんどん作品を大きくしていきたい。『ZONE-00』とゾンミュをどちらとも盛り上げていければと思います」(ザテレビジョン)

最終更新:9/9(月) 19:38
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン39号
9月18日

定価:410円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事