ここから本文です

欅坂46平手友梨奈、9作連続センターも1期生人気メンバー“落選”にファン衝撃

9/9(月) 10:25配信

ザテレビジョン

9月8日深夜に放送された「欅って、書けない?」(テレビ東京)で、欅坂46の9thシングル選抜メンバーが発表され、センターにはデビュー曲から9作連続で平手友梨奈が選ばれた。

【写真を見る】復帰したばかりの原田葵が選抜入り

デビュー曲の「サイレントマジョリティー」から前作の「黒い羊」まで、“メンバー全員選抜”というスタイルを取っていた欅坂46だったが、2期生が加入しメンバーが増えたことから、ついに9枚目シングルで乃木坂46と同じような選抜方式が初めて採用されることになった。

今回の選抜メンバーは、3列目が7人、2列目が5人、そしてフロントが5人の計17人。現在のメンバーは1期生が17人、2期生9人の計26人なので、9人が選抜メンバーから外れることとなる。

3列目は左から土生瑞穂、渡辺梨加、井上梨名、原田葵、関有美子、上村莉菜、藤吉夏鈴。

2列目は左から武元唯衣、菅井友香、森田ひかる、守屋茜、佐藤詩織。

1列目は左から小林由依、松田里奈、平手友梨奈、田村保乃、渡邉理佐。

学業優先による休業から復帰したばかりの原田は「久々なのに自分が入っていいのかなっていう怖い部分もある」と不安を漏らしつつ、「迷惑かけてきた分を取り戻せるように頑張らないなくちゃなって思いました」と前向きなコメント。

2列目で選抜入りを果たしたキャプテン菅井は「グループとしてすごく停滞しているのはずっと感じていたので、何かきっかけが必要なこともあるのかなって思っていました」と、グループ初の選抜方式に関して複雑な思いを口にしていた。

また“フロント”に大抜てきされた田村は「ダンスも苦手だし、今自分の状況に何も自信が持てないので、欅坂を壊さないように、自分がそこに選んでいただいた意味を考えて頑張りたいです」と涙を流しながら決意を語っていた。

デビュー以来、9作連続でセンターを任されることになった平手は「ファンの方がついてきてくれるか不安なんですけど、いい作品になったらいいなって思っています」と静かに9枚目シングルへの意気込みを語った。

その一方、写真集の発売が決まりメディア露出も多い小池美波や、平手不在時にセンターを務めるなどパフォーマンスに定評がある実力派の鈴本美愉らの名前は最後まで呼ばれることはなかった。

1期生の人気メンバーが次々に落選するという波乱の選抜発表はSNS上でも話題になり「みーちゃん、もんちゃんが選ばれないのはマジ謎」「なんともまあ、衝撃の展開…」「ダンス系だったらもんちゃんとふーちゃんが入ってないのもおかしすぎる」と今回の選抜に対して不満の声も。

ただ「今までと違う欅坂46が見られそうで面白い」「新しい欅坂に期待…頑張れ2期生!」「アンダー曲が楽しみすぎる」とポジティブな意見も多く見受けられた。

次回の「欅って、書けない?」は、9月15日(日)深夜放送。「新選抜メンバーに勝ち癖をつけよう!」をオンエア予定。(ザテレビジョン)

最終更新:9/9(月) 10:40
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン39号
9月18日

定価:410円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事