ここから本文です

絶好調のスペイン代表FW、驚異の今季ゴール率「100%」継続 「完璧なスタート」

9/9(月) 15:01配信

Football ZONE web

ドルトムントFWアルカセル、2019-20シーズンはクラブと代表で全試合得点中

 ドルトムントのスペイン代表FWパコ・アルカセルが昨季からトップフォームを維持している。現地時間8日の欧州選手権予選フェロー諸島戦で2ゴールを決めた26歳のストライカーは今季、クラブ・代表ともに出場した全試合で得点中。スペイン紙「マルカ」も「完璧なスタート」と絶賛している。

 アルカセルは昨夏にバルセロナからドルトムントへ移籍した。バルサではアルゼンチン代表FWリオネル・メッシやウルグアイ代表FWもルイス・スアレスの陰に隠れていたが、初挑戦のドイツで大爆発。途中出場も多かったなかでも、ブンデスリーガで26試合18得点を積み重ね、得点ランキングでも2位に食い込んだ。昨年10月には約2年ぶりにスペイン代表にも復帰していた。

 そして、ドルトムントでの2シーズン目も幸先のいい滑り出しとなった。リーグ開幕前に行われたバイエルン・ミュンヘンとのスーパーカップ(2-0/1得点)と続くDFBポカールの3部ユルディンゲン戦(2-0/1得点)で連続ゴールを決めて勝利に貢献すると、ブンデスリーガでも開幕戦のアウクスブルク戦(5-1/2得点)から第2節ケルン戦(3-1/1得点)、第3節ウニオン・ベルリン戦(1-3/1得点)と全ての試合でゴールを挙げている。

 さらに今月の代表戦2試合、5日のルーマニア戦(2-1/1得点)と8日のフェロー諸島戦(4-0/2得点)も含めると、アルカセルは2019-20シーズンが始まってから出場7試合全てでゴールを決めているのだ。ゴール率100%で計9得点という驚異的な成績に、「マルカ」も「アルカセルの完璧なスタート」と見出しを打ち、「ボルシア・ドルトムントのスペイン人は彼のベストフォームを披露している」と称賛している。

 ここまでドルトムントでの戦績は計37試合出場で25得点。ドイツでその決定力に磨きをかけたアルカセルは、もはや手がつけられない状態となっている。

Football ZONE web編集部

最終更新:9/9(月) 16:08
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事