ここから本文です

消費税増税前に駆け込み購入すべきもの総点検! AGA治療やペットフードも!

9/9(月) 6:40配信

デイリー新潮

 消費税率10%までついに1カ月。5年ぶりの消費増税を前に誰しもが、いま気になることが「増税前に買っておくべきもの」。創立17年のお金の学校「ファイナンシャルアカデミー」(https://www.f-academy.jp/)で講師として活躍する山本麗子先生に「増税まで1カ月! いま買うべきもの・買うべきでないもの」について聞いてみました。

 ***

「商品券」「定期券」増税前に購入すべきなのはどっち? 

スタッフ:過去の増税時は自分も含め、みんなこぞって駆け込み購入をした記憶があるのですが、今回は「軽減税率制度」など消費落ち込み緩和策も予定されていますよね。今回の増税だからこその「駆け込み購入のコツ」を教えてもらえませんか? 

山本先生:わかりました。ではまず、基本事項から確認しましょう。百貨店などで使える「商品券」、これは増税前に駆け込み購入すべきでしょうか? 

スタッフ:これは、お得な気がします!! 

山本先生:答えはNO、駆け込み購入する必要はありません。というのも、商品券はそもそも非課税なので増税とは関係ないんです。

スタッフ:そうか! 確かに。

山本先生:大前提として「消費税が非課税のもの」がある、ということは整理しておいた方がいいですね。では、定期券はどうでしょうか? 

スタッフ:定期ですか。これって値上がりするんでしたっけ? ? 買っておいた方がいいのかな…? 

山本先生:正解です! 定期も増税対象ですよ。では「インプラント治療」はどうでしょう? 前々から治療しようと思っていた、として。

インプラント、AGA治療など自由診療は増税前に受けたい

スタッフ:うーん…。そう聞かれるってことは、今しておいた方がいいってことですか? ? 

山本先生:その通り! インプラント治療は自由診療、つまり消費税がかかるものです。増税前に購入した方がいいもの、払っておいた方がいいものの大前提として、「増税にかかわらず購入する予定のもの」がまずあげられます。その上で、10月以降にセールなどが行われにくい「値崩れしにくい」もので、「金額の大きなもの」は、増税前の購入をおすすめできますよ。

スタッフ:「値崩れしにくい」×「金額が大きい」×「増税にかかわらず購入する」の3つですね! 

山本先生:そうそう! 歯列矯正、人間ドック、あと植毛治療なども自由診療ですので増税対象ですよ! 

スタッフ:言われてみると確かに! これは盲点でした。ということは、金額が大きい大型テレビとかも、駆け込み購入した方が良いものなんでしょうか? 

山本先生:確かに大型テレビやパソコンなどは金額が大きいので、駆け込み購入を検討される方も多いですね。ただ、いわゆる黒物家電は、新しい型が出てあっという間に2%以上ディスカウントされてしまうこともある、つまり「値崩れしやすい」のも事実です。ここは慎重に検討すべきでしょうね。

スタッフ:なるほど。「値崩れしにくい」は重要な判断ポイントなんですね。

山本先生:そのとおりです! 

1/3ページ

最終更新:11/12(火) 15:38
デイリー新潮

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事