ここから本文です

渋谷109スタッフコンテスト 85人の頂点は「エモダ」販売歴7カ月の20歳

9/9(月) 14:45配信

WWD JAPAN.com

「渋谷109(SHIIBUYA 109)」や「マグネット バイ シブヤ109(MAGNET BY SHIBUYA109)」を運営する渋谷109エンタテイメントは、ショップスタッフの接客ロールプレイング大会「SHIBUYA109スタッフコンテスト」の決勝大会を9月5日に開催した。大阪、鹿児島を含む4つの渋谷109施設で働く総勢85人のショップスタッフが予選に参加。予選を突破した27人が、6分間で接客力を競った。優勝は「エモダ(EMODA)」渋谷 109店のパニラガオ・パオリンさん、準優勝は「リズリサ(LIZ LISA)」渋谷109店の辻口悠乃さん、3位は「レディアゼル(REDYAZEL)」渋谷109店の黎宮慧未(れいみや・えみ)さんだった。

【画像】渋谷109スタッフコンテスト 85人の頂点は「エモダ」販売歴7カ月の20歳

審査委員長は、渋谷109施設の新人接客研修で講師も務める梶原涼晴ドリームシーズ代表が務めた。ほかに、スタイリストの井戸川弓子氏、澤邊亮「渋谷109」「マグネット バイ シブヤ109」総支配人ら全9組が審査を担当した。澤邊総支配人は、「どれだけ個性を発揮できるかが審査の争点になった」とコメント。梶原代表は「決勝の舞台に立っている時点で接客力は申し分ない。その意味では、全員が優勝です」と出場者にエールを送った。

優勝したパニラガオさんは、販売員歴7カ月の20歳。販売員歴5年以上のスタッフがいる中でも結果を残せたのは、「いつも通りの接客ができたのが良かった」と振り返った。加えて、「とにかく楽しんで接客できました。『早く(接客を)やりたい!』と思いながら自分の番を待っていたほどです」と舞台の裏側を語った。準優勝の辻口さんは「ブランドの魅力を伝えることを意識しました。この結果は嬉しすぎます」と喜びを語った。3位の黎宮さんは「昨年に続く2回目の出場でした。前回は“109らしさ”に欠ける接客だったので、今日はトレンドを意識したアイテム提案を行いました」とコメントした。

同大会は2015年にスタートし、今回で5回目。澤邊総支配人は「“ワクワクを与える”というわれわれの使命を体現する大会。今後も継続して開催し、接客を通してブランド・施設のファンをつくることの重要さを発信する。EC全盛の時代でもリアル店舗が存在する意義は、店舗スタッフにある」と力強く語った。

最終更新:9/9(月) 15:10
WWD JAPAN.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事