ここから本文です

イェール大学史上最も人気の心理学講座から学ぶ、幸せな人生を歩むToDoリスト

9/10(火) 12:01配信

ライフハッカー[日本版]

どんなに良い大学を卒業しても、どれだけ社会的に成功を収めてお金を稼いでも幸せだと感じられないー。

【全画像をみる】イェール大学史上最も人気の心理学講座から学ぶ、幸せな人生を歩むToDoリスト

隣の芝は青く見える、とはよく言ったものですが、私たちは身の回りにあるもの、また今の自分が置かれている状況に感謝することをつい忘れてしまいがち。

最近だとSNS疲れという言葉も生まれるほど、すぐに他人と比較したり、周りから自分がどう思われているかを気にしすぎたり…。

今日はイェール大学史上最も人気のある心理学の授業から、人生を豊かに、そして幸せに過ごすためのヒントをお伝えします。

良い気分が長続きしない、残念な理由

The Atlanticが伝えたところ、イェール大学「心理学と幸せな人生」の授業を担当しているサントス教授によれば、

私たち人間は生まれながらにして大きく分けて2つのバイアスを抱えています。

そのバイアスが人生で起こる素晴らしい出来事に対して喜び、そして感謝する気持ちを継続させることを難しくさせているのです。

この2つのメインバイアスについて、よく理解し、その上で日々どのようなことに気をつけて過ごすべきかを考えると良いのだそう。

最初のバイアスは “私たちの脳は何度も繰り返して起こることに順応してしまう癖がある” こと。

サントス教授によれば、これは心理学用語では"快楽順応"と呼ばれ、何か素晴らしい出来事が起こったときには最高な気分になるのに、少し時間が経つにつれてその状態に慣れてしまい、最初の頃に感じていた高揚感がなくなってしまう、というもの。

これは誰でも経験があるのではないでしょうか。

例えば、新しく家や車を購入したとき、イェール大学のような名門大学の受験に合格したとき、その瞬間は気分が盛り上がり嬉しい気持ちでいっぱいになりますが、しばらくするとその気分は徐々に薄れていき、その状態を当たり前のものだと感じてしまうようになるのです。

そうなると気分が満たされず、他人の持ちものやステータスと比較して、落ち込んだりしてしまいますよね。

1/3ページ

最終更新:9/10(火) 12:01
ライフハッカー[日本版]

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事