ここから本文です

DeNA・西森将司捕手「背番号は選手の顔みたいなもの」/背番号

9/10(火) 12:04配信

週刊ベースボールONLINE

プロ野球12球団の選手や監督・コーチに、毎週決まったお題について自由に語ってもらうコーナー。今週のお題は「背番号」です。

DeNA・西森将司捕手

 育成選手としてプロに入ったので、最初は112でした。66をもらったときのことは、今でも覚えています。2013年の7月17日。確か、QVCでロッテの親子ゲームでした。

 ファームの試合が終わって、二軍監督だった山下大輔さんから「おめでとう。明日から66を着けてもらう」って。地元の京都では、ソフトバンクの斉藤和巳さんが大スター。同じ番号だったのが、とにかくうれしかったですね。

 実は携帯の番号も末尾が「66」なんで、これも何かの縁かもしれません。ちなみに10年以上、携帯番号は変えていません(笑)。背番号は選手の顔みたいなもの。チームで言えば石川(雄洋)さんの7みたいに、背番号でパッと思い浮かぶのが理想の姿ですね。

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:9/10(火) 12:16
週刊ベースボールONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事