ここから本文です

【フランクフルトショー】フォルクスワーゲンが本格的な量産型のEV「ID.3」を世界初公開

9/10(火) 18:46配信

Webモーターマガジン

小型車のカテゴリーに新しい価値観

2019年9月9日、フォルクスワーゲンはフランクフルトモーターショー(IAA)の前夜祭で電気自動車(EV)の「ID.3(アイディ.3)」を発表した。この本格的量産型電気自動車はMEBプラットフォームをベースに開発されており、今後発売されるすべての「ID.(アイディ.)」モデルはこのプラットフォームを使うことになる。

【写真】リアビューやインパネ、メーターなどを見る

「ID.3」は今後登場する「ID.」ファミリーの最初のモデルで、将来的にゴルフやポロと並ぶフォルクスワーゲンの主軸となると期待される。

MEBプラットフォームの電気駆動システムは、パワーエレクトロニクス、ギアボックスを含む永久磁石同期モーターから構成されており、電気モーターの駆動力は1速ギアボックスを介してリアアクスルに伝達される。また、エアコン用のコンプレッサーなどの補助ユニットはフロントエンドにコンパクトに収められており、高電圧バッテリーはフロア下に配置される。

「ID.3」のボディサイズはゴルフとほぼ同等だが、オーバーハングが短いこともあってターニングサークル(回転直径)は10.2mと扱いやすく、ラゲッジルーム容量が385lL と大きいのも魅力となっている。

今回発表された発売記念特別限定モデル「ID.3 1ST」は、58kWh のエネルギー容量のバッテリーを搭載し、最大 420km(WLTP モード)の航続距離を実現するが、さらに後日、量産バージョンとして、45kWhバッテリー仕様と77kWh のバッテリー仕様も設定される。なお、100kW の急速充電器を使用した場合、「ID.3 1ST」は、30 分間で約 290km(WLTP モード)を走行可能なエネルギーを充電することができる。

また、フォルクスワーゲンは「ID.3」に搭載されるバッテリーに、その寿命に相当する、8 年間または16万km の保証を付与している。

もうひとつ大きなポイントは車両価格で、ドイツでのベース価格は3万ユーロ(約350万円)。予想されるドイツ政府補助金を含めると、一般的な小型車の価格と同等レベルになるという。これはフォルクスワーゲンならではのスケールメリットと電動化戦略によるものだろう。ちなみに、「ID.3」は2020 年半ばからドイツで販売されることになっている。

なお、「ID.3(アイディ.3)」の世界初公開とともに、フォルクスワーゲンの新しい時代の始まりを示す、もうひとつ重要な発表が行われた。

それは新しいブランドデザインとロゴで、フラットな2次元デザインの新しいロゴは、よりクリアでムダのないデザインとなっている。新しいブランドデザインとロゴはシンプルかつフラットで、またデジタルメディアにも適するように制作されたという。新しいブランドデザインへの切り替えは、2020年半ばまでに完了する予定とのことだ。

フォルクスワーゲン ID.3 1ST 主要諸元

・全長:4261mm
・全幅:1899mm
・全高:1552mm
・ホイールベース:2765mm
・車両重量:1719kg
・ラゲッジルーム容量:385L
・モーター最高出力:150kW
・モーター最大トルク:310Nm
・バッテリー容量:58kWh
・航続可能距離;420km(WLTP モード)
・駆動方式:後輪駆動
・最高速:160km/h
・乗車定員:5名

Webモーターマガジン

最終更新:9/10(火) 18:46
Webモーターマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事