ここから本文です

20歳ケネンがWTAのアジア連戦を勝利でスタート [女子テニス]

9/10(火) 14:28配信

テニスマガジンONLINE

 新設のWTA公式大会「ICBCクレジットカード鄭州オープン」(WTAプレミア/中国・鄭州/9月9~15日/賞金総額150万ドル/ハードコート)のシングルス1回戦で、第6シードのソフィア・ケネン(アメリカ)がクロエ・パケ(フランス)を6-2 7-5で下し、WTAのアジアの連戦を勝利でスタートさせた。

2019年WTAツアー表彰写真|PHOTOアルバム

 20歳のケネンは第2セットで先にブレークを許しながら巻き返し、結局ストレート勝ちして2回戦に駒を進めた。彼女はそこで、アリゼ・コルネ(フランス)と予選を勝ち上がったルー・ジアジン(中国)の勝者と対戦する。

「全体的にいい仕事ができたと思う」とケネンは振り返った。彼女は第2セット4-3から3つのブレークポイントをセーブし、3ゲームを連取して試合をものにした。

「アジアの連戦をかなり堅固に始めることができてうれしいわ」

 中国・河南省で行われる賞金150万ドルのプレミアレベルのこの大会は、今月アジアで行われる大会の最初のひとつだ。

 そのほかの試合では、第7シードのペトラ・マルティッチ(クロアチア)がジャスミン・パオリーニ(イタリア)を7-5 6-1で下して2回戦に進んだ。第8シードのカロリーヌ・ガルシア(フランス)はテレザ・マルティンコバ(チェコ)に6-4 4-6 7-5で競り勝った。

 今大会の第1シードは世界3位のカロリーナ・プリスコバ(チェコ)となっている。グランドスラム大会で3度優勝した経歴を持つアンジェリック・ケルバー(ドイツ)はワイルドカード(主催者推薦枠)を得て、第5シードでの出場となる。

 第1シードから第4シードまでは、プリスコバ、エリナ・スビトリーナ(ウクライナ)、キキ・バーテンズ(オランダ)、アーニャ・サバレンカ(ベラルーシ)の順で、いずれも1回戦をBYEで免除されている。(C)AP(テニスマガジン)

MASON, OHIO - AUGUST 17: Sofia Kenin returns a shot to Madison Keys during the Western & Southern Open at Lindner Family Tennis Center on August 17, 2019 in Mason, Ohio. (Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

最終更新:9/10(火) 14:28
テニスマガジンONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事