ここから本文です

ニューハンプシャー州の民主党大会で見えたポジティブな未来

9/10(火) 20:33配信

ニューズウィーク日本版

<クリントン支持者とサンダース支持者の間で深い分断を残した前回予備選の教訓をふまえて、今民主党はその分断の傷を癒そうと動いている>

9月7日土曜日、大統領選のバトルグラウンド(決戦州)として知られるニューハンプシャー州マンチェスター市で州の民主党大会が行われ、19人の大統領候補がスピーチした。約1万人を収容できるSNHUアリーナはニューハンプシャー州で最も大きな会場なので政治イベントに使われることが多い。1カ月前にトランプ大統領がここでラリーを開いたときには、(トランプ陣営の公式発表では)会場内に1万1500人、会場に入れなかった者が約5000人いた。

土曜日の民主党大会は、根本的には州の民主党員を対象にしたものなので、一般向けに宣伝や通知はしていない。フロアに降りられるのは有権者の代理人として党大会で投票する役割の代議員(デリゲート)だけであり、それ以外のチケットは1カ月前には販売を停止していた。したがって満席ではなかったが、集まったのは各大統領候補の支援者や長年の民主党員など、一般有権者よりも現在の選挙や政治に関心がある人たちだ。彼らの意見は一般よりもやや極端になる傾向があるが、彼らはインフルエンサーなので、彼らの言動は今後の全米の動きを予測するヒントになる。

午前7時会場で9時に開始した党大会では、19人の候補のスピーチのほかにも、民主党全国大会の議長や、州選出の上院議員、州議員などがスピーチを行う。合計38人のスピーチをすべて聞くにはマラソンに近い持久力が必要になる。終了予定は午後4時だが、遅れる可能性は高く、最後まで全員が残ることはないだろう。

そこで、候補のスピーチの順番が重要なファクターになる。この大会では先に主要候補を名字のアルファベット順で紹介することにしたようだが、基準に疑問を抱くこともあった。例えば、アンドリュー・ヤングが大会の最後のスピーカーだったことだ。アルファベットでは19人中最後なのだが、大会前の全米の世論調査では6位であり、次回の民主党ディベートの出場資格も得ている。有力候補のひとりであるヤングが、世論調査での支持が0%の候補や、トランプ大統領の弾劾を訴えて立候補したばかりの大富豪トム・ステイヤーの後というのは、不公平な扱いだった。ヤングが壇上に立ったときには、疲れ切った参加者の大部分がすでに立ち去っており、彼を知らない有権者が知る機会を奪われた残念なプログラムだった。

とは言え、この党大会は、約4年前に同じ会場で行われたイベントと比べ、民主党の将来を楽観視できる要素がかなりあった。

2015~16年にかけて、バーニー・サンダースの支持者を中心とした左派は、民主党首脳部やヒラリー・クリントンに対して不信感や敵意を募らせていた。2016年初頭のイベントでは、クリントンを支持する民主党全国大会委員長(女性)やニューハンプシャー州選出の上院議員(女性)に対してサンダース支持者の特に若い男性らが「ビッチ(メス犬)」といったヤジを飛ばし、スピーチが聞こえなくなる事態が発生した。彼らは民主党の首脳陣のスピーチを妨害した挙げ句、サンダース候補のスピーチが終わるやいなや、クリントンのスピーチは聞かずに会場を去った。

2016年の予備選ではクリントン勝利が明らかになった後でもサンダースが敗北を認めず、党大会の2週間前になってようやく支持を表明した。そして、本選では、サンダース支持者の10人に1人がトランプに票を投じた。特に、トランプの勝利を決定したのがミシガン、ウィスコンシン、ペンシルべニア州での僅差の勝利だった。これらのサンダース支持者が投票場に足を運んでいなければ、明らかにクリントンの勝利だったのだ。

1/2ページ

最終更新:9/10(火) 20:33
ニューズウィーク日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事