ここから本文です

【大草直子】薄着の時期の「バッグ2個持ち」のすすめ

9/10(火) 14:57配信

webマガジン mi-mollet

スタイリスト、ミモレコンセプトディレクターの大草直子が着こなしのアイデアや日々の思いを綴ります。

 さて。
今日は、バッグの2個持ちの話。小さなバッグ1つに、私の人生は重すぎるし、ビッグバッグにまとめると、ファッション的に楽しめないこともある。

というわけで、ほぼ毎日2個持ちに。レザーの堅めのバッグと、エコバッグやネットバッグみたいな、もう完全に脇役バッグの組み合わせ。

もちろん、荷物の持ち運びに超便利なのもありますが、それだけではありません。年齢を重ねて身についた迫力や強さを、この「2個持ち」が、良い具合に軽やかにカジュアルに見せてくれるのです。

夏中ずっと使っていたのは、MAISON N.H PARISのネットバッグ。軽い、可愛い、大容量、と。サブバッグのトップオブトップ。びよんと伸びるから、PCも入ります。メインバッグはシャネルやJ&M DAVIDSONなど。

そして、昨年頂いた、ドゥロワーのノベルティバッグ。ノベルティとは思えないクオリティ。下に提げて使うタイプだから、長いストラップのメインバッグが、マッチングのバランス良いみたい。あえて冬の重たい素材や色に合わせても。


そして、ハワイのJ.crewで頂いた迷彩バッグは、大きめで使いやすい。あ、サブバッグ、ノベルティ率高いな。真逆のテイストの、白のシャネルとの組み合わせが好き。

という感じで、コーディネートのポイントを作る意味でも有効な「2個持ち」。

荷物が多い方、参考にして頂けたら幸いです。
 

大草 直子

最終更新:9/10(火) 14:57
webマガジン mi-mollet

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事