ここから本文です

「ロナウドのような頭脳がなければ…」ネイマールの“復活”に必要なことは? ポルトガルの名伯楽の指摘は――

9/10(火) 19:50配信

SOCCER DIGEST Web

「ロナウドとメッシは例外的だけど…」

 2002年にプロキャリアをスタートさせて以来、スター街道をひた走るポルトガル代表FWのクリスチアーノ・ロナウドは、長年にわたってサッカー界を牽引してきたメガクラッキだ。

【PHOTO】ネイマールらスターのタトゥーを厳選ショットで紹介!

 そんなC・ロナウドを称える者はそれこそ枚挙に暇がない。かつてベンフィカやスポルティングを率いたポルトガル人監督のジョルジュ・ジェズスも、その一人だ。

 現地時間9月9日、ブラジル・メディア『Globo』のインタビューに応じたJ・ジェズスは、「今のサッカー界でベストの選手」を問われ、C・ロナウドと比肩されるリオネル・メッシを引き合いに出して次のように論じた。

「私にとってはロナウドがベストだ。そのことに疑いの余地はない。彼は10や20ではなく、30から50もの平然とゴールを決めるフットボールとゴールの象徴だ。メッシほどアーティスティックではないかもしれないが、ロナウドは芸術性を必要とするタイプではない」

 65歳の老将は、こう続ける。

「ロナウドは全ての選手の手本であり、プロとしての彼がどうやってそこに到達したかを、子どもたちは手本とするべきだ」
 
 現在、ブラジルの名門フラメンゴを率いている指揮官は、同国のスターであるネイマールに対する印象を聞かれると、「彼はもっと自分自身で物事を考えなくてはいけない」とプライベートや自身の去就に関するネガティブな話題が絶えないセレソンの至宝に手厳しい言葉を投げかけた。

「ロナウドとメッシはスーパーだ。二人とも例外的で、まるで別の惑星から来たような存在ではある。ネイマールもその領域に達する力を持っている。だが、それはロナウドやメッシのような頭脳があればの話だ。彼は頭の中にあるチップが変わらなければ、トップには辿り着けないだろう。

 試合における喜びや情熱と試合以外での喜びのどちらが大切だろうか? もしも、ネイマールのなかで後者のほうが強いなら、この先も最高の選手にはなれない。ロナウドの試合に対する喜びや情熱は、はるかに強い。彼はそれに加えて、自分がどのように振る舞うべきかを知っている。それが決定的な違いだ」

 あくまでJ・ジェズスの個人的な意見にすぎないとはいえ、幾多の修羅場をくぐり抜け、数々の名手を育ててきた名伯楽の言葉は、傾聴に値すると言えるのではないだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:9/10(火) 19:58
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事