ここから本文です

ロバート、千鳥、ノンスタ、和牛ら集結!! 漫才&コントの王者と注目の若手芸人が渾身のネタを披露!<大阪チャンネル「スマホ劇場」>

9/10(火) 23:40配信

ザテレビジョン

関西発の人気バラエティー番組や、オリジナルのエンターテインメント番組などを提供している見放題型の映像配信サービス「大阪チャンネル」では、スマホで手軽に楽しむことのできる新しいお笑いプログラム「スマホ劇場」が、2019年8月より配信開始。大阪・なんばグランド花月、東京・ヨシモト∞ホールといった全国のよしもとの劇場公演などが配信される予定だが、現在、スマホ劇場の第1弾として配信中の、人気芸人たちによる特別ライブ番組「スマホ劇場OPEN記念ライブ~お笑い夏の陣~」が早くも好評を博している。

【画像を見る】和牛は、M-1で披露したネタとは一味違う、歌&ダンス入りの漫才を披露!

同番組には、「M-1グランプリ」(テレビ朝日系)や「キングオブコント」(TBS系)のチャンピオンから、業界内外で注目を集める若手まで、人気と実力を兼ね備えたお笑い芸人が一堂に集結。ロバート、千鳥、とろサーモン、NON STYLE、ジャルジャル、銀シャリ、和牛、かまいたち、横澤夏子、ゆにばーすの10組が、劇場さながら、のびのびと渾身のネタを披露している。

今回は、この豪華絢爛(けんらん)たる収録現場にザテレビジョンが密着。各芸人のネタの見どころを紹介する。

■ NON STYLE

トップバッターとして登場したのはNON STYLE(石田明、井上裕介)。「女性に服をプレゼントできる男になりたい」という井上に、石田は「いいんじゃないですか」と言いながらも、「今のところ、おまえがプレゼントしてるのは不快感だけやから」と続け、お得意の相方への口撃で会場の笑いをつかむ。その後、石田がアパレル店員となって、井上が服を買うシミュレーションをすることに。しかし、客の井上が、店の服に注文をつけるたびに、なぜか石田が全否定。中でも、「おまえ、そういうの嫌やって、昔ラジオで言うてたやん」と石田が素に戻って井上の過去の発言を引き合いに出すくだりでは、大きな笑いが。井上のウザキャラと、石田の手数の多いボケというNON STYLEらしい漫才で、オープニングを飾った。

■ 千鳥

続いて、NON STYLEとは全くタイプの異なる漫才を披露したのが千鳥(大悟、ノブ)。ステージに登場するやいなや、突然笑いだす二人。客席がやたらと横長に設営されていることがツボにはまったようで、まずは観覧客をイジってひと笑い。ネタの本編では、大悟が姪(めい)っ子に「嵐のコンサートに行きたい」と頼まれたという話から、二人でチケットの取り方を練習することに。ノブが電話をかけると、大悟扮(ふん)するチケットセンターの担当者の女性が対応するのだが…。その女性の名は「紅ズワイガニ エビ美」。さらに名前だけではなく、言動全てにおいて「クセがすごい」エビ美の(おそらくは全てアドリブの)奇想天外過ぎるボケの連続で、会場を千鳥ワールドに引き込んだ。

■ 横澤夏子

横澤夏子は、コント「家族で回転寿司に来た子育て奮闘中のママ」を。外出先でも家の中での“ノリ”をやりたがる子どもたちに、人目を気にしながらも付き合ってあげたり、テンションが上がって勝手なことをし始める子どもたちを早口でまくしたてて注意したりと、思わず「あるある」とうなずくママの生態を、卓越した観察力に培われた巧みな演技で、細部までコミカルに表現。とりわけ、高価なネタを食べたがる子どもに「にっが~っ。全然おいしくないわ~」と言いながらうれしそうにウニを頬張るママの表情には、会場も大爆笑だった。

■ ゆにばーす

おなじみの、はらの「イェーイ!」の掛け声とともに登場した、ゆにばーす(はら、川瀬名人)。あいさつに続き、川瀬が芸人としての思いを、名作スポーツ漫画のセリフ「諦めたらそこで試合終了ですよ」を引用しながら熱く語る中、唐突に「アイドルになりたい!」と無謀なことを口にするはら。川瀬は即座に「試合終了!」と通告し、会場を笑わせる。そしてアイドルの話から、出待ちのファンの話題へ。はらの“ブサカワ”なキャラを生かした漫才を繰り広げた。

■ ジャルジャル

ジャルジャル(後藤淳平、福徳秀介)は、コント「よく知らない人」を。街角に一人たたずむ福徳を、遠くから「おーい」と呼ぶ声が。そこに、後藤扮(ふん)する腰までの長髪の男が現れると、その絶妙な気持ち悪さに会場からは悲鳴が上がる。「よく知らない人が近づいてきますよ~」と、ニヤニヤしながらゆっくりゆっくり福徳に近づいてくる長髪男。知らない人だからこそ感じる、そこはかとない恐怖に追い詰められる福徳だったが…そこで思わぬ反撃を開始! ジャルジャルらしいシュールな世界観のコントで、実力を見せつけた。

■ 和牛

和牛(水田信二、川西賢志郎)は、「カツ丼の歌」の漫才を。元料理人という経験を生かし、これを歌えば料理の作り方が覚えられる“お料理ソング”を作った、という水田。川西にも合いの手で参加してほしいと「カツ丼の歌」をお披露目し始めると、子ども向けの曲調ではなく、まさかのヴィジュアル系? 「イメージと違う…」と困惑する川西を力ずくで巻き込み、「カツ丼の歌」を振り付きで完成させていくのだが…。ノリノリの水田のみならず、渋々付き合わされる川西のボヤキ交じりのツッコミもさえわたっていた。

■ かまいたち

かまいたち(濱家隆一、山内健司)は、コント「似顔絵」を。街中で絵を描く画家(濱家)に、パンチパーマにサングラスの男(山内)が「兄ちゃん、めちゃめちゃうまいやん。ちょっと俺の似顔絵描いて」と声を掛ける。画家は快諾するが、男の似顔絵は何度描き直しても、なぜか…? 一見気弱そうに見える画家と、一見コワモテな男の、予想のつかないやりとりの行方は爆笑必至。

■ とろサーモン

収録も終盤を迎えた頃に登場したのは、とろサーモン(久保田かずのぶ、村田秀亮)。久保田は、観覧客に「うれしいですね、こんな時間に…深夜の暇人どもが!」といきなり悪態をつき、まずはひと笑い。街で肩がぶつかっても謝らない人にムカつくという村田が、「ちょっと練習させて」と漫才を始めようとすると、久保田は「客をなめるな!」とブチ切れ。「ミニコント風の漫才でよく“練習さしてくれ”っていうけど、その“本番”を見たことありますか?」と観覧客に問い掛け、笑わせた。

■ ロバート

ロバート(山本博、秋山竜次、馬場裕之)は、コント「人間ドック」を。病院で、人間ドックの診断結果を待つサラリーマン風の山本と馬場。「緊張しますね」という山本の声に、うつ伏せていた馬場が顔を上げると…その明らかに体調がおかしそうな風貌に、会場からは悲鳴交じりの笑いが。そこに、長州力風のカツラを逆向きにかぶっているとおぼしき個性的なヘアスタイルで、裸に白衣をまとい、電話していないのに電話しているように話す、“キャラの渋滞”状態の秋山先生が登場すると、会場はさらに大きな笑い声に包まれる。一挙一動がツッコミどころだらけの秋山先生と、顔面蒼白ながらもなぜか超プラス思考の馬場、そして唯一の常識人・山本の3人が、実にロバートらしい王道コントを繰り広げた。

■ 銀シャリ

最後に登場したのは、銀シャリ(鰻和弘、橋本直)。客席を見渡しながら、「僕らはこういう仕事してますが、社会人の方は大変ですよね」と気持ちをおもんばかる鰻。ところが、「毎日、同じ時間に“しっきん”(出勤)せんとあかん」「毎日“ざんにょう”(残業)」などと続け、橋本から「出切ってなかったんか!」と、もっともなツッコミが。しっかりつかんだところで、漫才本編へ。ストレス発散には新しい趣味がお薦めという鰻は、今ハマっている「編み物」の話を。鰻の愛嬌(あいきょう)あふれるボケと、橋本の鋭い例えツッコミがさえわたり、M-1王者らしい漫才で締めくくった。

豪華10組の人気芸人たちが登場するライブ特番「スマホ劇場OPEN記念ライブ~お笑い夏の陣~」は、映像配信サービス「大阪チャンネル」で配信中。

(ザテレビジョン)

最終更新:9/10(火) 23:40
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事