ここから本文です

菅は安倍の腰巾着だ――元後見人「ハマのドン」が語る横浜カジノ反対

9/10(火) 8:00配信

デイリー新潮

「カジノは許さん」と「菅官房長官」を叱る「横浜のドン」(2/2)

 林文子市長が誘致を表明したことで、目下、横浜市はカジノ開場地の最有力候補と目される。が、これに異を唱えるのが“ハマのドン”こと藤木幸夫氏(89)だ。「横浜港運協会」会長にして、あの菅義偉官房長官(70)のかつての後見役という人物だ。

 ***

「カジノは許せません」「入るのはアメリカのカジノ業者で横浜は食い物にものにされるだけ」と語る藤木氏。一方、横浜の林市長は菅氏の直系として知られ、つまりカジノ誘致は、菅氏の意向抜きにはありえない話ということになる。

 菅氏が、後見人の藤木氏を切ったという構図になるが……2人に何があったのか。

「菅とはかれこれ1~2年は会っていませんよ」

 と藤木氏が言う。

「最後に会ったのは2年前かな。向こうから電話がかかってきて、“会長、お昼ごはん、ごちそうしてくださいよ”って。“おう、来い来い”って。そんで会って飯食ったのが最後だね」

 と言うのである。

「何でって、それは用がないから。必要がないからですよ。用がないから。俺、いま麻生さんや二階さんと仲が良いんだ。それに今会うと、俺はカジノに反対、菅は賛成だから、鋭い話になるでしょ。だからダメなんだ。きっと死ぬまで会うことはないんじゃないかな……」

“決裂”の事情について、藤木氏は多くを語らないが、

「カジノを巡って、意見の食い違いがあったのが一因だったと思います」

 と言うのは、両氏を共に知る、さる知人である。

「2年ほど前までは、藤木さんはカジノ賛成だったんです。菅さんがカジノの件を説明し、藤木さんも乗り気になってしまったんです」(同)

 実際、その頃、藤木会長は新聞や雑誌の取材に、「オレがカジノをやる!」と明言している。

「しかし、カジノってそんな簡単に出来るものではない。ノウハウと資金力のあるアメリカのカジノ企業のようなところでないと難しいんです。また、IRは国際基準に基づいて規制が行われ、コンプライアンスのチェックが非常に厳しい。どうも無理らしい、と気が付いた藤木さんは菅さんに不信感を抱くようになったのではないか。その頃から依存症のことを勉強しはじめ、“カジノ反対”を唱えるようになりました」(同)

 他方の菅氏も同様だ。

「菅さんは藤木さんの周辺の人脈が気になっていたんです。藤木さんの周りにはいろんな人が集まるでしょ。その中には清も濁も様々な人がいる。彼がカジノをやろうとしていた人たちの中にも、清濁両方の人がいた。その頃から菅さんは、藤木さんのことが話題になっても“あの人の話はいいですよ”とよそよそしい物言いになりましたね」(同)

1/2ページ

最終更新:9/10(火) 8:00
デイリー新潮

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事