ここから本文です

2万台以上売れた「ペヤング専用ホットプレート」 ネットをざわつかせる謎の家電メーカー・ライソンの正体とは?

9/10(火) 6:00配信

日経クロストレンド

 東大阪市の新興家電メーカー・ライソン。2万台以上を売り上げたペヤング専用ホットプレートや、巨大わたあめ機、ポップコーンメーカーを応用したコーヒー豆の焙煎機など、ネットをざわつかせる製品を連発している。面白いアイデアがどう生まれて製品化に至るのか、小口氏が同社社長と開発担当者を直撃した。

【関連画像】直径10センチのたこ焼きが作れる「ギガたこ焼き器」。焼き上がるまでに20分以上かかるため、その隣で通常サイズのたこ焼きが作れるようになっている


小口: ライソンとして家電事業が独立したのは2018年。その前はピーナッツ・クラブという会社で家電を作られていました。

山俊介さん(以下:山): ピーナッツ・クラブはゲームセンターの景品などバラエティー商品を販売している会社です。ラジコンやぬいぐるみなどを中国から輸入し、ドン・キホーテ(ドンキ)さんやディスカウントストアさんに卸しています。

 もともとは、吉名電工という社名で、1970年代は車のオーディオ部品を作っていました。創業者から今のオーナーに代わった際に玩具店を始め、「殻を破る」という意味を込めて屋号をピーナッツ・クラブに変えたそうです(86年)。ライソンは、ゲームセンター以外の販路を担当していた営業部を独立させ、家電量販店やホームセンター向けの商品を企画開発して卸す会社として発足しました。

小口: もともと、おもちゃ屋さんやゲームセンターの賞品を扱われていたので、そのバラエティー感覚が家電にも受け継がれているんですね。

山: DNAとしてありますね。会社に応募してくる人も、おもちゃやキャラクターが好きという人が多く、家電が好きな人は来ない(笑)。

●「焼きペヤングメーカー」はホットケーキが焼けない!?

小口: 「焼きペヤングメーカー」がネットで話題になりました。

山: 発売から4カ月ほどで2万台以上売れました。芸能人の方がインスタグラムに上げていただいてどっと注文が増えた。

小口: すごい。でも正直そのままお湯入れて作るほうが簡単じゃないですか。水を入れて麺をほぐすとか、ふつうの袋麺のやきそばと同じくらい手間がかかりますよね。

山: 確かにそうですけど、また違ったおいしさになるので。焼く工程によって香ばしく、ソースがよく染みこみ、水分を吸収して食感も生麺に近くなります。

小口: なるほど。これは既存の小さなホットプレートの名前を変えて売ったのでは?

山: 実は違います。最初、フライパンでテストしたときはおいしく焼けたんですが、ホットプレートではうまくいかなかった。おいしく焼くには、ヒーターの温度が足りなかったので、高く設定しました。だからホットケーキは焦げてしまう。お客さまからご指摘をいただきましたが、ホットケーキが焼けるとは言っていない(笑)。

小口: だからペヤング専用。ほかにもインスタント焼きそばがある中、なぜペヤングに?

山: たまたまペヤングのまるか食品さんと取引があり、社長に「これ作っていいですか?」と聞いたら二つ返事でOKをもらえたので。東洋水産さんや日清食品さんとも取引はあるのですが、ホットプレートを作らせてくれるかと言ったらたぶん無理やろう。ペヤングだったらやらしてくれそうやなと。

小口: まるか食品さんは独特のノリの良さがあります。同じ連載で過去に取り上げさせてもらいました(「ギガマックス爆誕 なぜ『ペヤング』は攻め続けるのか」)。しかし、関西だとペヤングはあまり流通してないですよね。

山: そうですけど、ペヤングが好きな人はめっちゃペヤングが好きなんですよ。「U.F.O.」が好きな人よりも好きが大きい印象です。出すんやったらペヤングのほうが刺さると思いました。

小口: それは分かります。

山: メッセージが一番伝わりそうだったのがペヤング。なぜかと言うと、扱っているメインの商品が焼きそばなので。そこは勝算がありました。

小口: なるほど、形状が四角いから作りやすいとかじゃない(笑)。

山: 1回「U.F.O.」でもやったんですけど、焼くとソースの味が少し強くなってしまった。ペヤングのほうが若干薄味で焼いたときにちょうどいい味になりました。

小口: 値段が2980円と安いのも買いやすい。ドン・キホーテで見て、売れなくて値下げしたのかと思いましたが、最初から安かった。安くて面白い家電を「バラエティー家電」と名付けたんですが、御社のオリジナル商品はまさにこれです。

山: その辺は狙っています。パナソニックさんとか大手の家電メーカーと戦っても無理なので。

小口: 笑いを取ってネットでバズらせる戦略。しかも会社の沿革を聞くと、昨日今日始めたバラエティー路線ではないですし。

1/2ページ

最終更新:9/10(火) 6:00
日経クロストレンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

「新市場を創る人のデジタル戦略メディア」を編集コンセプトとして、市場創造、商品開発、マーケティング戦略などの先端動向を伝えるデジタル・メディアです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事