ここから本文です

田淵幸一「虎のプリンス、獅子のキング」/プロ野球20世紀の男たち

9/11(水) 11:05配信

週刊ベースボールONLINE

プロ野球が産声を上げ、当初は“職業野球”と蔑まれながらも、やがて人気スポーツとして不動の地位を獲得した20世紀。躍動した男たちの姿を通して、その軌跡を振り返る。

【トレード物語】ミスター・タイガースに突き付けられた深夜3時のトレード通告【78年】

阪神では王の牙城を崩して本塁打王に

「タイガースには感謝している。いろいろあったけどね」

 こう振り返るのは、田淵幸一だ。確かに、いろいろあった。法大で通算22本塁打を放ち、立大の長嶋茂雄(のち巨人)が放った通算8本塁打を大幅に塗り替える東京六大学リーグ新記録を更新、少年時代からファンだった巨人への入団を希望していたが、ドラフト1位で阪神に強行指名され、1969年に入団。1年目から正捕手となり、22本塁打を放って新人王。「日本の捕手像を変える男」とも言われた。だが、翌70年には頭部に死球を受けて死線をさまよった。その翌71年には腎臓炎。阪神を去ったのも突然のトレード通告で、緊急の記者会見を午前3時に開いて、

「犠牲になるのは俺で最後にしてほしい」

 と涙を流した。ただ、もちろん悪いことばかりではなかった。死球禍からは太りやすい体質に変わってしまったが、プロ入り当初はガリガリに痩せていて、“キリン”“もやし”などと呼ばれることも。ただ、2歳の年下ながら2年前にプロ入りしていた“先輩”の江夏豊には“ブチ”と呼び捨てにされ、怒鳴りつけられることもあった。だが、持ち前の大らかさで、まったく気にせず。それどころか、

「江夏の速球を無造作に捕っていたら、『それでは審判は(ストライクを)取ってくれん、流すな!』と言われた。そこから、しっかりした捕球のために鉄アレイで左腕を鍛えたことがバッティングにも生きたと思う」

 江夏とのバッテリーは“黄金バッテリー”と言われ、2人の背番号を足して“50番コンビ”と呼ばれたこともあった。腎臓炎から復活すると、足を上げるフォームに挑戦。

「王(貞治。巨人)さんの真似をしてみたら、うまく体重移動ができて、やっぱり飛んだ」

 72年に34本塁打、73年は巨人戦での16本塁打を含む37本塁打、74年には自己最多の45本塁打を放つなど、徐々に本塁打を増やしていく。そして、75年には43本塁打。セ・リーグの本塁打王は長く王の独壇場だったが、その連続タイトルを13年でストップさせた。

 内股ぎみの「おかまちゃんスタイル」(田淵)の一本足から鋭くスイング。本塁打は滞空時間が長く、美しい弧を描くことから“ホームラン・アーチスト”とも呼ばれた。典型的なプルヒッターだったが、これは本拠地の甲子園球場では、いわゆる“浜風”が左方向への打球に勢いを与えるからでもある。

 そして、78年オフに阪神を放出されたが、これは新球団の西武で堤義明オーナーが「全国区の人気選手を獲れ!」と厳命したため。こうして、かつての“虎のプリンス”は、“獅子のキング”として再生していく。

1/2ページ

最終更新:9/11(水) 11:45
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事