ここから本文です

小島健輔が検証『ジーンズは復活するか』(日米比較編)

9/11(水) 5:00配信

商業界オンライン

世界のジーンズ市場は拡大している

  わが国のジーンズ市場は2000年代中盤の成長が急激だったから反動も大きく縮小も急激だったが、世界のジーンズ市場は波動はあるものの途上国が伸び続け、2018年から2023年にかけても金額ベースで4.9%、数量ベースでは6.6%伸びると予測されている(Just-Style.com予測)。

 最大市場の米国は11年段階で6億5000万本と当時の日本の9倍強、135億ドルの小売規模があった。12~13年は伸びたが14年以降はアスレジャーに押されて17年まで減少が続き、18年は2.2%伸びて167億ドルに達したとされる(ユーロモニター調査)。この間に米国の消費者物価は11.6%上昇しているが実質でも10.8%伸びており、アスレジャー市場が年率7%のペースで拡大する中も日本市場のような急激な衰退は見られなかった。

米国の「ライトオン」たる「バックル」

  ライトオンと比較される米国のジーンズカジュアル専門店チェーン「バックル」のこの間の業績推移を見ると、07年の6.2億ドルから売上高を伸ばしてピークの14年(15年1月期)は11億5300万ドルを売り上げたが、以降は年々減少して18年は8億8550万ドル(ピーク比76.8%)まで落としている。売上げピークからの落ち込みは07年から11年のライトオンと似ており、落ち幅(ピーク比75.6%)も近似しているが、近年も売上対比10%前後の営業利益を計上しており、19年8月中間期で再び赤字転落したライトオンとは収益力が異なる。

 販売効率のピークは12年の475ドル/sfで18年は334ドル/sfと七掛けに落ちているが、それでも円換算(108円)でほぼ130万円/坪と、18年8月期で96.4万円/坪に低迷するライトオンより35%も効率が高い。

 ライトオンがジーンズ市場で9%強のシェアを占めるのに対し、PBが大勢を占める米国の「バックル」(18年のデニム売上比率は41.0%)の占拠率は2.2%に過ぎないからジーンズ市場総体の動きを現しているとはいえない。ならば、米国最大のジーンズメーカーたるリーバイ・ストラウス社の業績推移を日米欧亜で比較してみよう。

1/5ページ

最終更新:9/11(水) 18:09
商業界オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事