ここから本文です

軽自動車ベースのキャンピングカーに、身長183cmの俳優・南圭介さんが乗ってみた

9/11(水) 11:36配信

朝日新聞デジタル&[アンド]

身長183cmでも快適に寝転べるのか

キャンピングカーというからには、気になるのが室内の居住性です。細身とはいえ、身長183cmの南さんが、車内で過ごすのには狭すぎないか、と不安になります。当然、ポップアップルーフはありませんから、車内で立つことはできません。まずは車をとめて、居室部分に入ってみます。

「ベッドを展開してみましょうか」と南さん。ベッド展開、と言っても純正シートをたたんでベッドボードを載せるだけ。あっという間に完成です。

「これならお子さんでもできそうですね」。さっそく横になってみると、「うーん。僕の身長だと、真っすぐだとちょっとキツイかな。でも、ちょっと脚を曲げたり、斜めになったりすれば大丈夫です。寝心地はもう、バッチリですよ」。

キャンピングカーの構造要件では大人用ベッドのサイズは180cm×50cm。オフタイム・トラベラー3のベッドもちゃんと180cmあります。しかも、オプションの補助マットを使えば200cmまで伸ばせるとのこと。南さんサイズの人ならその補助マットがあれば安心です。

オフタイム・トラベラー3は2段ベッドが特徴で、なんと就寝定員は4人! せっかくなので上段ベッドのチェックもしてもらいましょう。ブラケットにバーを渡し、脇に収納されていたベッドボードを載せれば完成。こちらも下段同様、あっという間です。このシンプルさなら、雨が降っているときのベッド展開でも苦になりません。

「2段ベッドにすると、もちろん下段のスペースは小さくなりますね。上段の広さは下段よりは狭いですが、個人的にはこの“隠れ家感”嫌いじゃないです(笑)」

大人4人が寝られる広さですが、上下どちらかを荷物置きにすることで、長旅でも楽に就寝スペースを確保することができます。スマイルファクトリーによれば、夫婦ふたり旅、という使い方をするユーザーが多いといいます。

体験を終えた南さんに感想をうかがいました。

「冗談抜きに、これ1台欲しいです! 大仏って、結構山の中にあるんですよ。軽自動車なら高速料金も安いし、これだけ走れるならロングドライブもストレスありません。あ、ロケ先とかの休憩スペースとしてもいいですね。ちょっと横になって休めるだけでも、かなり快適です」

忙しい合間、試乗にお付き合いくださってありがとうございました。お買い上げの節は、ぜひ一緒に遊びに行きましょう!

■オフタイム・トラベラー3
\1,710,000~(税別)

■スマイルファクトリー
0856-32-0567
https://smilefactory.biz

□著者プロフィール
渡部竜生
キャンピングカージャーナリスト。サラリーマンからフリーライターに転身後、キャンピングカーに出会ってこの道へ。専門誌への執筆のほか、各地キャンピングカーショーでのセミナー講師、テレビ出演も多い。著書に『キャンピングカーって本当にいいもんだよ』(キクロス出版)がある。エンジンで輪っかが回るものなら2輪でも4輪でも大好き。飛行機マニアでもある。旅のお供は猫6匹とヨメさんひとり。

朝日新聞社

3/3ページ

最終更新:9/11(水) 11:36
朝日新聞デジタル&[アンド]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

日々の風景を、ほんの少し彩る情報
「+αの自分」に出会うためのウェブマガジン
個性ある三つの「&」をお楽しみください

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事