ここから本文です

FacebookとInstagramのアカウントは、あなたが知らないうちに「連携」されている

9/11(水) 8:11配信

WIRED.jp

Instagramの設定オプションには、「リンク済みのアカウント」という項目が設けられている。その項目を開くと表示されるのは、お察しのとおり……リンク済みのアカウントだ。ユーザーはこのページで、TwitterやTumblr、また言うまでもなく同じグループ内のFacebookといったアカウントを、Instagramのアカウントと連携させることができる。

それでもフェイスブックを「解体」すべきと考える理由

一見すると、この設定はかなり単純明快だろう。リンクされていないアプリのアイコンはグレーで、リンク済みだとカラーで表示される。だがFacebookに関して言えば、この機能がユーザーの誤解を招く恐れもある。

切り離せないふたつのアカウント

Instagramの「リンク済みのアカウント」メニューに表示されるほかのアプリと同様に、Facebookアカウントにリンクするオプションの初期設定も表向きは「オフ」になっている。グレーで表示されたFacebookのロゴをユーザーがタップし、サインインすれば、Instagram上に「リンク済み」として表示されるようになる。

また、このふたつのアカウントがリンク済みになると、Instagram上の設定画面に「アカウントのリンクを解除」というオプションが表示される。そして、そのオプションをクリックすると、「リンクを解除すると、Instagramアカウントがロックされた場合にアクセスを再開するのが難しくなります」という警告メッセージが現れる。

常識的に考えれば、FacebookアカウントとInstagramプロフィールのリンクを解除する操作を実行すると、FacebookアカウントとInstagramプロフィールのリンクは解除されるはずだ。ところが、Facebookにまつわるその他もろもろと同様に、ここでは必ずしも常識が当てはまらない。

フェイスブックの広報担当者が『WIRED』US版に語ったところによると、「リンクを解除」のボタンをクリックしても、実際にはFacebookとInstagramのアカウント間の連携が解除されるわけではないというのだ。というのも、そのふたつのアカウントを切り離すこと自体が不可能だからだ。

たとえユーザーが自分のFacebookとInstagramのプロフィールを明示的にリンクしたことがなかったとしても、そのふたつは本質的につながり合っており、リンクの解除を何度試みたところで、その状態が変わることはない。Instagramに「裏アカ」などつくろうとしても無駄だということだ。

1/4ページ

最終更新:9/11(水) 8:11
WIRED.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事