ここから本文です

エシカルは優良顧客戦略:ストライプ石川社長(4)

9/11(水) 15:51配信

オルタナ

アパレル大手ストライプインターナショナル(岡山市、石川康晴社長)が基幹ブランド「earth music&ecology」を立ち上げてから20年余りが過ぎた。当初から「エシカル(倫理的)」をコンセプトにしていたのは先見の明だが、この数年でようやく顧客の意識が追い付いてきた。石川社長はエシカルを掲げる目的は「ロイヤルカスタマー(優良顧客)」の開拓戦略だと言い切る。(聞き手・オルタナ編集長=森 摂、オルタナS編集長=池田 真隆 写真=飯塚 麻美)*このインタビュー記事は第4弾となります。

海ごみへの意識は「まだ足りない」

最近、私たちがCSRやSDGsを推進していくにあたって、いくつか足りないと感じている領域があります。その一つが海への意識です。そのため今年5月からショッピングバッグ有料化(20円)に踏み込みましたが、一番大きい店では3%のお客さまが拒否反応を示しました。

都心に近づくほど、抵抗感を示す方は少なかったのですが、地方は拒否される方が多い傾向にありました。店長からは半泣きで「どうしたらいいですか」と助けを求められました。

そのときに会社のレギュレーションとしては、「自己中心的で地球環境を考えないお客様は我々のステークホルダーから外れてもらっていい」と、明確に打ち出し、いまもその方向性で突き進んでいます。

8月1日からは全ブランドでオーガニックコットン素材のエコバッグの販売を始めました。来年の2月には、すべてのショッピングバッグを紙などに変える予定です。プラスチックは完全に廃止します。

いずれにしても、ショッピングバッグ代として20円いただきますが、利益にするつもりはありません。いま考えているのは、岡山大学海洋汚水研究所と組んで、瀬戸内海の海洋汚水研究を地域大学と行うプロジェクトの資金に活用することです。

また、クラウドファンディングの草分けであるREADYFORと組んで、新たなプロジェクトを来年実行することも考えています。

――「地球環境を考えないお客さんはステークホルダーから外す」と明確に意思表示をしたとのことですが、社内から反発は起こりませんでしたか。

石川:こうした判断は20年前にはできなかったと思いますが、いまなら、最小リスクでこの概念で経営できると判断しました。

エコロジーやCSR、SDGsなどには、一定のリテラシーはある会社なので、反対意見は出ませんでしたが、ショッピングバッグそのものが20円は高いのではないかという意見は出ました。

なんで20円にしたのかというと、10円だと毎回ショッピングバッグを利用する人は減らないと思ったからです。20円がいい塩梅ではないかと考えました。

1/3ページ

最終更新:9/11(水) 16:32
オルタナ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事