ここから本文です

【車は良いのに月販400台…】アテンザ改めマツダ6 改名してもなぜ売れない??

9/11(水) 9:30配信

ベストカーWeb

 アテンザ改めマツダ6の販売が振るわない。

 セダンとワゴンを合わせても2019年7月の販売台数は429台(セダン=231台、ワゴン=198台)と寂しい状況だ。

【関連写真】マツダ6の販売台数とセダン/ワゴンの外観&内装を画像でチェック

 これは、近い車格の競合車――セダンであればトヨタ カムリは同期1950台――と比べても見劣りする数字で、ワゴン単体の台数はモデル末期のスバル アウトバック(同348台)にも負けている。

 8月の台数も車種別ランキングのトップ50圏外(カムリは同38位の1282台)となり、台数は600台以下。新車効果は薄い。

 マツダ6は、車名がアテンザだった2018年6月にマイナーチェンジを実施。マツダ6と改名した2019年7月には新たに2.5Lターボエンジン車を設定し、Gベクタリングコントロール(GVC)プラスを全車標準設定している。

 マツダ6の“車としての評判”は総じて悪くない。いや、むしろ良く出来ているという評価が多いくらいだ。

 では、なぜ車は良い(はず)なのに売れないのか? 競合車との比較も交えながら解説。問題は、車そのもの出来ではない部分に潜んでいるといえそうだ。

マツダ6は本当に「よく出来た車」なのか?

 筆者は普段から広報車両を借りて日ごろの足とし、マイナーチェンジなどがあれば、可能な限り早く試乗することにしている。

 その意味で2018年のマイチェン以降のアテンザ(=当時)には注目して試乗した。私はアテンザを、サイズ感、室内スペース感、デザイン感など筆者目線で日本のセダンとして、押さえるべきところをしっかり押さえているモデルと評価してきた。

 ただ唯一、高級セダンとしては乗り心地や室内の静粛性に改良の余地が残されていると感じていたのだ。

 当時、これはマツダ車全般に言えたことで、ハンドリングや走りはかなりのレベルにあるのに対して、室内静粛性、特にロードノイズの低減がテーマだと開発陣には苦言を呈していた。

 そして、2018年のマイナーチェンジモデル。まずは試乗会でトータル2時間ほど試乗し、合格点以上の乗り味と静粛性を確認し、しばらくたってから10日間ほど通して試乗。

 普段使いでの試乗では改めて静粛性の進化を確認し、このために行ったと思われるフロア剛性のアップ、サスペンション支軸周りのしっかり感がハンドリングをさらに確かなものにしていることもわかった。

 さらに、GVCプラスによるスムーズなコーナリングの進化など、長距離を走らないとわからないことも実感。マイチェンとは思えないほどの走りの改良だったことが記憶に新しい。

 また、インテリアではシートが最新のものに変更され、腰痛持ちの筆者にもかなり優しいことも判明。老眼に優しいヘッドアップディスプレイをフロントガラス投影式に変更したことも、ドライブの疲れ低減と安全性を向上させている。

1/2ページ

最終更新:9/11(水) 9:30
ベストカーWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事