ここから本文です

民主党予備選で着実に支持を上げるエリザベス・ウォーレン

9/11(水) 18:13配信

ニューズウィーク日本版

<トップを走るバイデンやサンダースにくらべて、ウォーレンへの支持は着実に強固になっている>

前回コラムで書いたとおり、9月7日土曜日、大統領選のバトルグラウンド(決戦州)として知られるニューハンプシャー州マンチェスター市で州の民主党大会が行われ、19人の大統領候補がスピーチした。

【動画】民主党予備選。各主要候補者に対する党大会聴衆の反応

スピーチの順番などに関しては不備があったものの、候補者全員に、支持者が路上や会場前でにぎやかにPRをし、会場内のブースで政策を説明する平等な機会は与えられていた。

この大会時点での全米の世論調査の平均支持率は、トップからジョー・バイデン(29%)、エリザベス・ウォーレン(17%)、バーニー・サンダース(15%)、カマラ・ハリス(7%)、ピート・ブーティジェッジ(5%)、アンドリュー・ヤング(3%)、コリー・ブッカー(2%)、ベト・オルーク(2%)、フリアン・カストロ(1%)、トゥルシー・ギャッバード(<1%)と、トップ3人が他を引き離しているかたちだ。

この世論調査からは、バイデンが圧倒的な人気を保ち、指名候補になるのが確実のようにも思える。だが、現時点では全米の世論調査はあまり役に立たない。

どちらかというと、予備選が初期に行われるアイオワ、ニューハンプシャー、ネバダ、サウスカロライナ各州での様相のほうが重要なのだ。予備選の初期の州で勝利すれば、「勝てる候補」としてまたたく間に全米にムーブメントが広まる。このため現時点で注目するべきなのは、これらの州での有権者の反応である。

ニューハンプシャー州民主党大会で、候補がスピーチを始める前に多くの人からランダムに話を聞いてみた。

驚くことに、早期にバイデン支持を表明した消防士の労働組合のメンバー以外には、バイデンを強く支援する人にはひとりも出会わなかった。多くの人は、「いい人だけれどね......」という前置きの後で、「高齢すぎる」とか「情熱が感じられない」などといった迷いを口にする。現時点でバイデンを選択肢のトップに挙げている人も「トランプに勝てる」という理由であり、他にトランプに勝てる可能性がある候補が現れたら乗り換えるつもりのようだ。

また、彼に好意を抱いているのはオバマ大統領のもとで副大統領を務めていたバイデンをよく覚えている世代であり、20代の若者にとってバイデンは「人種差別や女性差別の過去がある古い世代の人」という印象のようだ。

むしろ、多くの人は「好きな候補はたくさんいるが、まだ誰に票を投じるかは決めていない」と答えた。彼らが支持する複数の候補を挙げるときによく含まれているのがピート・ブーティジェッジだった。だが、彼を第一の選択に挙げる人は少なかった。

そのような状況のなかで、「私はこの候補のみを応援する」と強い決意を口にしていたのが、エリザベス・ウォーレンとアンドリュー・ヤングの支持者だった。

また、3年前にあれほど情熱的だったバーニー・サンダース支持の若者たちはすっかり姿を消し、サンダースのTシャツを着て歩いているのは、ほとんどがヒッピー世代の高齢者だった。「2016年にサンダース支持だった」という若者にも数人出会ったが、それぞれが、現時点ではウォーレン、ヤング、カストロといった別の候補の支持に移っていた。

1/2ページ

最終更新:9/11(水) 18:13
ニューズウィーク日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事