ここから本文です

「Apple TV+」は日本でも月額600円で11月開始。そこに勝機はあるのか?

9/11(水) 19:02配信

WIRED.jp

アップルは半年近くの間、開始時期が近づいていた独自の映像配信プラットフォームを「サーヴィス」というよりは、「コンセプト」のように扱っていた。

「Apple TV+」は、成功まで長い道のりが待っている

この「Apple TV+」をアップルが正式発表したのは、サーヴィスに特化した2019年3月のイヴェントでのことだった。ところがアップルはそれ以降、いくつかの番組の予告映像を公開したほかには基本的に沈黙を貫いていた。

料金や対象地域、シーズンごとに新しい番組が観られるのか、Netflixのようなスタイルなのか、あるいは従来のテレビと同じように少しずつ番組をリリースしていくのか──。アップルは、こうした重要な詳細に関して明言を避けてきたのである。

ようやく明らかになったサーヴィスの詳細

アップル本社にある「スティーブ・ジョブズ・シアター」で9月10日(米国時間)に開催されたイヴェントは、基本的にハードウェアが発表されるものだと考えられていた。ところが大方の予想に反し、アップルはApple TV+の詳細を初めて明らかにした。しかも「One more thing(最後にもうひとつ)」ではなく、冒頭でだ。

最も重要な情報は、Apple TV+のサーヴィス開始日が11月1日で、ひと家族あたりの月額料金が4.99ドル(日本でも同日開始で月額600円)であることだ。

はじめはいくつかの番組を携えて数カ国で開始されるが、対象地域や番組のラインナップはその後すぐに拡大されるという。大部分のシリーズ作品は最初の3話が一挙公開され、その後は毎週1話ずつ公開されるスケジュールとなる。

アップルはさらに、iPhoneやiPad、Mac1台の購入につき、1年間の無料サーヴィスを提供するという。視聴はセットトップボックスの「Apple TV」か、iOSとMacOS(Catalina以降)用の「Apple TV」アプリから利用できる。

半年で変わったストリーミング市場

ここまではいい。全体的に、このひと月ほどの報道にあった内容でもある。だが3月のアップルの発表以降、ストリーミングサーヴィス戦争は新たなフェーズに突入した。それもApple TV+にとっては、好ましくない方向に向かっているのだ。

「Disney+」は、すでにサーヴィス開始日や料金、具体的なコンテンツの配信計画を明らかにしている。ディズニー作品やピクサー作品、「スター・ウォーズ」シリーズに、さらにほかの豊富な著名タイトルやキャラクターを加えた壮大な計画だ。

ワーナーメディアのストリーミングサーヴィスは来年まで開始されない可能性もあるが、名称は「HBO Max」に決定した。そこでは「フレンズ」以外のラインナップも揃えている。

NBCユニバーサルも忘れてはならない。Netflixで最も視聴されていた『The Office』の権利をついに取り戻したいまは、なおさらだろう。

また大手テレビ局のCBSは最近のViacomとの合併によって動画配信サーヴォス「CBS All Access」を強化し、『トップガン』や『トランスフォーマー』シリーズを含むパラマウント作品も視聴できるようになった。

1/2ページ

最終更新:9/11(水) 19:02
WIRED.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事