ここから本文です

「iPhone 11」シリーズ、その真価はカメラにあり

9/11(水) 19:11配信

WIRED.jp

アップルの「iPhone」には特筆すべき機能がいくつもあるが、発表のたびにその上位に来るのがカメラだ。それは今年も変わらない。

【記事の全画像】「iPhone 11」シリーズ、その進化のポイント

カリフォルニア州クパチーノで2019年9月10日(米国時間)に開かれたイヴェントで、アップルはiPhoneの新モデル3機種を発表した。いずれも新しくなったカメラが特徴となる。

アップルが通常モデルと大型モデルの2機種以外に新機種を発表したのは、これが最初ではない。2017年に「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」、そして新デザインの「iPhone X」を大々的に発表して以降、アップルはラインナップを拡張することや、高価な最上位モデルに限って最先端機能を搭載することにこだわっているようだ。

スペックと価格をおさらいしよう

新型iPhoneの顔ぶれは、フラッグシップとなる「iPhone 11 Pro Max」、それよりサイズが小めの「iPhone 11 Pro」、そして標準モデルとなる「iPhone 11」の3つだ。どの機種も、デザインは前モデルの「iPhone X」シリーズと似ており、サイズも「iPhone XS Max」「iPhone XS」「iPhone XR」を踏襲している。

サイズが最も小さいのはiPhone 11 Proで、画素数と輝度が向上した5.8インチの有機ELディスプレイを搭載した。アップルはこのディスプレイを「Super Retina XDR」と呼んでいる。標準モデルのiPhone 11はそれより0.3インチ大きく、液晶のRetinaディスプレイを備えている。

一方、iPhone 11 Pro Maxは、ファブレット(スマートフォンとタブレットの中間モデル)級とも言える6.5インチサイズのSuper Retina XDRディスプレイを搭載しての登場となった。

いずれの機種もディスプレイの上部には、アップルのトレードマークでもあるノッチ(切り欠き)が配置され、インカメラと顔認証システム「Face ID」に必要なセンサー類が収められている。新機種では、このFace IDの精度も向上した。認識角度が広がりセンサーが改善されたことで、照明条件が悪いときでも顔を正しく検出できるのだ。

アップルがスマートフォンのなかで「最も頑丈なガラス」と謳う背面ガラスは、カメラの周辺に沿って盛り上がっている。Proモデルは、手触りの優しいマット仕上げのガラスを採用することで、指紋が付きにくいようにしているようだ。

iPhone 11シリーズの3モデルは、9月13日(日本時間では午後9時)から予約受付が開始される。iPhone 11は699ドル(日本では74,800円)から、iPhone 11 Proは999ドル(同10万6,800円)から、iPhone 11 Pro Maxは1,099ドル(同11万9,800円)からだ。2018年モデルのiPhone XRは値下げ価格の599ドル(同64,800円)で引き続き購入でき、2017年モデルのiPhone 8は449ドル(同5万2800円)に値下げされている。

1/3ページ

最終更新:9/11(水) 19:11
WIRED.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事