ここから本文です

対イラン代理戦争も辞さないネタニヤフの危険な火遊び

9/11(水) 19:08配信

ニューズウィーク日本版

<総選挙を前に最大の脅威であるイランへの攻勢を強化。しかし裏目に出れば再選を逃すだけでは済みそうにない>

9月17日に総選挙を控えるイスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相が、イランへの攻勢を強めている。

【写真特集】ポルノ女優から受付嬢まで、トランプの性スキャンダルを告発した美女たち

9月1日にはレバノンとの国境地帯で、イスラエル軍とヒズボラ(イランの支援を受けるシーア派武装組織)が交戦。両者が戦火を交えたのは2006年7月以来だ。アナリストたちは、戦闘が全面戦争に発展する危険性を警告している。

事の発端は8月24日にイスラエルがシリア国内を空爆し、ヒズボラの司令官2人が死亡したことだ。ヒズボラはこれに対し、報復を宣言していた。

9月1日、ヒズボラはイスラエル北部に対戦車ミサイルを発射。これに対し、イスラエルはレバノン南部にあるヒズボラの拠点を砲撃した。

ネタニヤフは一連の攻撃について、代理勢力を介したイランのあらゆる挑発に応戦する姿勢を示すためだとしている。イスラエルはヒズボラがイランから技術提供を受けて、精密誘導ミサイルを生産しようとしていることに懸念を募らせている。

だが、別の見方もある。観測筋は、ネタニヤフが自らの汚職疑惑から国民の注意をそらすために、一連の攻撃に踏み切った可能性もあるとみている。

アメリカの当局者たちは、これを危険なゲームだと指摘する。紛争の拡大はネタニヤフ再選の可能性を狭めかねないばかりか、中東に駐留する米軍を危険にさらす可能性がある。折しもドナルド・トランプ米大統領は、イランのハサン・ロウハニ大統領との関係改善を模索中だ。

「一連の攻撃にリスクがないと考えるのはばかげている」と、民主・共和の両政権で中東問題顧問を務めたデニス・ロスは言う。「砲弾が誤った標的に当たれば、事態は制御不能になる」

イスラエルは最近まで、イランの代理勢力に対する攻撃を水面下で展開。過去6年間でシリアに約1000回の空爆を行ったとされることについて、否定も肯定もしてこなかった(シリアではイランの革命防衛隊が、イスラエル攻撃に向けた新たな前線を築こうとしている)。

一方のヒズボラも、イスラエルによるシリア国内への攻撃に見て見ぬふりをしてきた。

ヒズボラはイスラエルによる2006年のレバノン侵攻で、国内のインフラが大きく損壊されたことを忘れていない。レバノン議会に議席も持つヒズボラとしては、イスラエルに戦闘員を殺害されるか、レバノン国内の標的を攻撃してきた場合にのみ応戦するのが賢明だと考えてきた。

1/3ページ

最終更新:9/11(水) 20:22
ニューズウィーク日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事