ここから本文です

【結婚相手の条件】年収で相手を選ぶと危険!?妥協NGポイントとは

9/11(水) 19:20配信

with online

結婚の条件に年収は必要?

withgirlsのアンケート結果でも、「妥協できない」という答えが一番多かった「年収」。あらためて、「結婚の条件に『年収』は入れるべきでしょうか?」というアンケートをとったところ、「YES」と答えた人が83.8%、「NO」と答えた人が16.2%という結果が判明。実に8割のwithgirlsが「年収」を重視しているのです。

結婚は、恋愛しているときの恋人同士のように会いたい時だけ会えばいい関係ではなく、かっこいい姿もかっこわるい姿もすべて見せ合い生涯を添い遂げるという、恋人から家族へとさらに進化したかたちでもありますよね。

夫婦の間に子どもが生まれたら、家族の計画として、経済的なことが大きくかかわってくるのは事実。教育費などで現実的にお金がかかることもありますから、ここで結婚相手の年収がどのぐらいなのかによって、家族に影響が出てきます。そういった将来のことを考えた時に、結婚相手の「年収」が高い方が良いと思う女性が多いのももっともな答えだとわかるでしょう。

年収で選ぶと起こる危険とは

女性が結婚相手に重視する条件の「年収」ですが、相手の人柄を二の次にして、「年収」だけを求めて男性を選んだ場合、経済的に安定できるというメリットがあるでしょう。ですが、どうやらメリットばかりでもないようです。

「年収」だけを考えて相手選びをした場合、ではどんなデメリットがあるのか考えてみましょう。まず第一に、昔のように、家庭における男性の権限が強くなって、女性の立場が弱くなることがあげられます。いわゆる亭主関白の夫を生み出しやすい関係性ともいえるのかもしれませんね。家庭内のパワーバランスが圧倒的に夫側にあると、そこまでの経済力のない妻の場合、力のある夫に従うことになりやすい関係性になることが考えられるでしょう。

第二に、年収が高いというのは、それだけバリバリと働いている男性だともいえます。高い年収を稼ぐには、それなりに忙しく働いている可能性は高く、朝は早くて夜は遅い上に出張だらけでほとんど家にいないという可能性も。妻や子どものことを放っておかざるを得ないほど多忙な夫だと、だんだんと心のつながりに不安を感じてしまうかもしてません。

第三に、仕事がデキる男性ほど活力があって女性にモテる、と一般的にいえるでしょう。つまり、高収入の男性は結婚していても魅力が高く、女性をひきつけやすいところがあるかもしれません。モテるがゆえに不倫に走るような夫だとしても、妻が経済的に自立していないと、別れる決断もしづらい可能性が。いずれにしても、「年収」だけを見て相手選びをせず、その条件の裏表をよく考えてから、結婚したいものですね。

最終更新:9/11(水) 19:20
with online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事