ここから本文です

【重めのボブにあきてきた人、必見】レングスキープでイメチェンできる、艶やかオレンジベージュボブ

9/11(水) 22:40配信

集英社ハピプラニュース

重めのボブに飽きてきたら、こんなラフ質感のスタイルに挑戦しては? パツンとしたカットラインでボブらしさを残しつつ、自由にハネる毛先で抜け感を演出。オレンジ系のカラーで潤いを補給して、大人ヘルシーな艶っぽボブを手に入れて。前髪に束感を与えると、さらに軽やかな雰囲気がUP! ちょっぴりカットでイメチェンできるから、髪をのばしかけの人にもオススメです。

レングス別ヘアカタログもチェック

ベースは肩上レングスのボブスタイル。パツンとまっすぐにカットしてラインを残し、表面だけを質感調節して動きをプラス。前髪は目上ギリギリに設定し、同様に質感を調節します。カラーはジューシーな色みのオレンジにベージュを混ぜた、9トーンのオレンジベージュをセレクト。艶やかで肌なじみのいいカラーは大人カジュアルなイメージにぴったり。美髪&美肌効果はもちろん、表情がイキイキと見えるメリットもあります。

フロントから後ろ方向に向かってドライヤーを当て、髪の根元を立ち上げるように乾かします。その後26mmアイロンを使い、まず内側の毛先を外ハネ巻きに。表面の髪は内巻きと外巻きをミックスして巻き、無造作なハネ感を演出します。毛束を細く取って巻くと、より立体的なスタイルに。毛先だけでなく根元まで巻くと、パーマ風のフワ髪に仕上がります。スタイリング剤は、髪が広がる人や乾燥しやすい人はヘアオイル、髪がつぶれやすい人はシアバターをセレクト。どちらも手によくのばしたら、毛先からくしゃっともみ込んで。手に残ったスタイリング剤を前髪の毛先につけ、束感を与えてできあがり。大ぶりのピンをサイドに留めると、シンプルでもこなれ感のあるアレンジが楽しめます。

スタイリスト/鈴木彩乃(GARDEN Tokyo) モデル/大竹舞佳 文/永田未来(ichigo)

最終更新:9/11(水) 22:40
集英社ハピプラニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事