ここから本文です

【プロが選ぶ手土産】自分で買わないけどもらったら嬉しい基本の調味料3選

9/11(水) 12:00配信

webマガジン mi-mollet

フードジャーナリストの小松宏子さんが、最新の食のトレンドを紹介します。 

 まだまだ残暑の厳しいこの時期に差し上げるのは、常温で持ち歩ける手土産がスマートです。夏の疲れがたまった体がピリッとするような、スパイス類はいかがですか? 手土産の鉄則の一つが、“自分では買わないけれど、いただいたら嬉しいもの”。それを考えたとき、キッチンに置いて絵になるおしゃれなスパイス類や調味料は、グッドセレクトです。

(1) 料理が“まあ美味しい”から“超美味しい”に変わる胡椒

胡椒を侮ることなかれ。最もベーシックなスパイスながら、胡椒の違いで、お料理が“まあ美味しい”から“超美味しい”に変わるのですから。上等な胡椒をペッパーミルで挽いたときの、清涼感のある香りに包まれる幸せといったらありません。
イタリア食材のインポーターである「ノンナ アンド シディ」のオーナー岡崎玲子さんは古くからの友人ですが、彼女のイチ押しのアイテムの一つが、このマリチャの胡椒。イタリアではその昔、胡椒はカフェで売っていたのだそう。そうした経緯があり、イタリア・ヴェローナのカフェオーナーが世界中の胡椒産地を旅して見つけ、惚れ込んだのが、マレーシア産の「クウチング」種。収穫後24時間以内に加工することで、卓越した香りを閉じ込めることができるのだそう。樹齢や工程により、何種類もありますが、ここではおすすめの3種、刺激の強い「ネロ」、最も香り高い「アロマティコ」、山椒の一種「ティムール」を選びました。
また、乾燥した胡椒のほかに、グリーンペッパーの塩水漬けも販売しています。粗く砕いてカルパッチョなどに添えるだけで、美味しさのレベルが何段階も上がります。この塩水漬けの胡椒にオリーブオイルを加えてペースト状にするのが、私のお気に入りの使い方。ローストポーク、ラムチョップ、チキンソテーなど、肉類とはなんでも抜群の相性です。ぜひ、試してみてください。

「ノンナ アンド シディ」のマリチャ

(2) 有名インド料理店がこぞって使うオーガニックスパイス

 
スパイスは鮮度が命であることはご存知でしょう。インディアンスパイス&マサラカンパニーのスパイスは、オーナーのシャンカール・ノグチさんが、自らインドに買い付けに行き、クオリティに自信の持てるものだけを少量ずつインポートしているのだそう。だから鮮度抜群。そして、その多くはオーガニックのスパイスです。同じスパイスでも、オーガニックか否かで、驚くほど香りが違うのだそう。オーガニックのスパイス類は、刺激的なスパイシーな香りというよりも、むしろ、フローラルな花のような香りです。有名インド料理店やイタリアン、フレンチレストランがこぞって使用していることが、何より、信頼の証です。
インド料理に使われるスパイスはほぼすべて揃いますが、まず、最初に揃えたいのは、クミン、コリアンダー、ターメリック。クミンシードを熱したオイルの中でパチパチと加熱してから、玉ねぎ、にんにくを炒めると、ぐっと本格的なカレーに。ターメリックとコリアンダー、レッドチリパウダー を足すだけで、香りがぐっと立ち上がります。
ミックススパイスのクオリティの高さも格別です。基本のカレー粉は18種類のスパイスを独自の配合で合わせたもので、お家カレーがぐっとレベルアップ。仕上げに使用する、ガラムマサラも鮮度が違うので、驚くほどいい香りです。タンドリーミックスはチキンなどにヨーグルトと一緒にマリネして焼くだけ。パッケージもどれもおしゃれですから、キッチンに置いても引き立ちます。

「インディアンスパイス&マサラカンパニー」のスパイス

1/2ページ

最終更新:9/11(水) 17:39
webマガジン mi-mollet

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事