ここから本文です

ミャンマー戦で記録更新の久保建英。過度な期待を背負う俊英を今後もW杯予選に招集するべきか?

9/11(水) 18:08配信

SOCCER DIGEST Web

パラグアイ戦を含め存在感は示す

[カタール・ワールドカップ・アジア2次予選]日本 2-0 ミャンマー/9月10日/トゥウンナ・スタジアム
 
 カタール・ワールドカップ・アジア2次予選の初戦でミャンマーと対戦した日本代表は、敵地で2-0で勝利。白星スタートを掴んだ。
 
 この一戦で日本代表のワールドカップ予選最年少出場記録を更新したのが久保建英だ。18歳98日での出場となった久保は、1980年に19歳67日でピッチに立った風間八宏(現・名古屋監督)の記録を39年ぶりに更新したのだ。
 
 右サイドハーフに入った久保は、出場直後に華麗なヒールパスをオーバーラップした右SBの酒井宏樹につなぎ、チャンスを演出。その後は見せ場を作れず、本人は「今日は別にそんなにプレーに関与していないですし、そんなに大して何かしたというのはないので、うーん、ていう感じですね」と振り返る。
 
 ただ後半45分間をプレーした9月5日のキリンチャレンジカップ・パラグアイ戦を含め、この2連戦で確かな存在感を示したと言えるだろう。
 
 
 では、これからも続くワールドカップ予選で、久保を継続して招集すべきなのか。今回はマジョルカへ移籍したばかりで、クラブでポジションを確保するには大事な時期ではあったが、森保一監督はその能力を評価して選出。ただ、今後も呼び続けるとなると、長距離移動を含め、18歳に過度な負担をかけてしまうのも事実だ。
 
 キャプテンの吉田麻也はチームメイトの身体を慮りながら「長い移動があって、ここから帰るのに2回乗り継がなければいけない人がほとんどで、それをやって今度は何事もなかったかのように週末プレーしなければいけない。ただそこでパフォーマンスを落としちゃいけないってことを繰り返すことで成長につながっていくとは思う」とは語る。
 
 その点は森保監督や代表スタッフが、随時コンディションをチェックし、バランスを取る必要がありそうだ。
 
 個人的には才能溢れる久保のプレーを、より多くA代表で見てみたいという想いはある。現状の森保ジャパンでは、大迫勇也、南野拓実、中島翔哉、堂安律のカルテットが前線の軸だが、彼らに続く、バスケットでいう“シックスマン”のような“第5のアタッカー”が不在で、久保にその役割を期待したい。
 
 もっとも多くの注目が注がれ、過度なプレッシャーを背負わせてしまっているのも現状だ。年齢やクラブでの立ち位置を考えても、ワールドカップ2次予選では“アウェー限定”など、特別な招集方法を取っても良いのではないか。
 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表PHOTO】日本2-0ミャンマー|森保ジャパン、W杯アジア2次予選を白星スタート!久保が最年少出場記録を更新!

最終更新:9/11(水) 18:08
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事