ここから本文です

「また次に向けて。それしかない…」無得点に終わった大迫勇也。言葉数少なくスタジアムを後に

9/11(水) 6:00配信

SOCCER DIGEST Web

ポストプレーで攻撃の起点となってはいたが

 9月10日、7大会連続でのワールドカップ出場を狙う森保ジャパンは、アジア2次予選の初戦となるミャンマー戦に挑み、2-0の勝利を収めた。

【日本代表PHOTO】日本2-0ミャンマー|森保ジャパン、W杯アジア2次予選を白星スタート!久保が最年少出場記録を更新!

 雨が降りしきるなか行なわれた試合は、立ち上がりから日本が敵陣でボールを回して主導権を握る。16分に中島翔哉が左サイドからカットインして、思い切りよく右足を振り抜くと、GKの頭上を越えるシュートがネットに突き刺さり、幸先良く先制。26分には、堂安律のゴール前へのふわりとした浮き球のパスに反応した南野拓実が、しっかりと頭で合わせて追加点を奪取した。
 
 後半も日本のペースで進んだものの、相手GKのファインセーブなどもあり、最後の局面で決め切ることができず。チャンスが多かっただけに、2得点どまりは少々物足りなさの残る結果となってしまった。
 
 最前線のポジション務めた大迫勇也は、2点目の場面の堂安への落としなど、持ち味のポストプレーで攻撃の起点となってはいたが、FWの一番の仕事であるゴールを奪うことはできなかった。チームのエースとして、本人も納得はいっていないだろう。
 
 試合後、大迫は記者に試合の振り返りを求められると、「勝ったことがすべてじゃないですか。それだけです。けが人もなく、勝ったことがなによりですし、またチームに戻って結果を出す。それだけです」と淡々としたコメント。
 
 また他の質問に対しても「また次に向けて。それしか今日はないです」と言葉数少なく、大迫はスタジアムを後にした。
 
 森保ジャパンは10月10日にホームでモンゴルと対戦する。第1戦でFIFAランクが格上のミャンマーを撃破した相手、決して油断はできない。今後のアジア2次予選でも“半端ない”大迫のポストワークと、得点力に期待したい。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:9/11(水) 6:09
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事