ここから本文です

【釜本邦茂】中島翔哉の左45度からの先制ショットは見事!個で打開できる能力は本当に貴重だ

9/11(水) 11:32配信

SOCCER DIGEST Web

クロスやラストパスの質を高めないとミャンマーのような守備はこじ開けきれない

 ワールドカップ・アジア2次予選の初戦となったミャンマー戦は、危なげなく勝ち切って勝点3をモノにした。まずは予選を白星でスタートできたのは、評価していいだろう。

【PHOTO】日本代表を応援するサポーターたち! 現地ミャンマーも白熱!!

 ただし、ミャンマー相手に2点止まりに終わったことについては、満足できている選手はいないだろう。誰もがもっと得点を取りたいと思っていたはずだ。森保監督だって交代で投入した3人の選手は、いずれも攻撃の選手たちだったわけだから。


 展開としては、前回のパラグアイ戦と同じだ。前半で2点を取って、あとはいかに追加点を奪って試合を決めるのかというところが見どころだったが、結局チャンスを量産してもネットを揺らすことはできない。雨季のミャンマーでピッチの影響があったとはいえ、もっと泥臭くてもいいからゴールという結果を見せてほしかったね。

 日本の攻撃は、サイドを深くまで崩している割には、最後のクロスを真ん中でからめとられたり、シュートを打ち切れないで終わる場面も少なくなかった。相手はベタ引きでしっかりゴール前を固めているから時間をかけて外から崩そうとしてもなかなかゴールは割れなかった。

 やはり、点を取るためにはシュートはもとより、クロスやラストパスの精度をさらに高める必要がある。キックの質をよりピンポイントで走り込む選手の頭や足に合わせるまでに高めなければ、今回のミャンマーのようなゴール前に何人もひとを並べるような守備からゴールをこじ開けるのは難しくなる。パラグアイ戦で1アシストした長友や酒井にしても、何度もサイドから切れ込んでラストパスやクロスを供給したが、バチっと中央で合うシーンはなかなか見られなかった。
 
 中で合わせる方も、このポイントにくれとしっかり要求して呼び込まないと点で合わせるのは難しい。誰がどのコースに入っていくのか、どういう質のボールが欲しいのかをしっかりとすり合わせていく必要があるよ。

 それから、セットプレーは本当にもったいない。あれだけ多くのセットプレーのチャンスがありながら、全然活かせていない。もう少し、ニアに飛び込むのか、ファーからの折り返しのボールに飛び込むのかといった狙いをはっきり持たないと、ミャンマーにもきっちり対応されていた。

 フィニッシュの技術、コンビネーションについては、もう少し代表のトレーニングでもやっていく必要があるんじゃないかな。

1/2ページ

最終更新:9/11(水) 11:38
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事