ここから本文です

病院へ拉致され「不妊手術」をされた元ヤクザ・小島喜久夫さんの絶望

9/11(水) 8:01配信

現代ビジネス

 2018年の初めごろから、メディアが盛んに報じるようになった優生保護法(1948~1996年)による「障害者」への強制不妊手術。日本では、おぞましい優生思想が戦後も生き残り、約2万5000人(「同意を得た」とされているものも含む)が子どもを作れない体にされてきた。

子殺しの翌日「鬼畜夫婦」はディズニーランドへ行っていた

 この問題は、私が所属するジャーナリズムNGOワセダクロニクルの探査報道が口火となり、報道が拡大した。取材を進めるうちに、強制不妊の被害は精神障害や知的障害がない人にまで及ぶことがわかってきた。

 「面倒なやつ」

 そのような周囲の評価だけで「精神疾患」というレッテルを貼られ、精神科病院に拉致・監禁されて不妊手術を強制された人たちがいたのだ。

診察なしで「精神分裂病」と決めつけ

 その一人が、札幌市で暮らす元タクシー運転手の小島喜久夫さん(78)。「18歳の時、北区の中江病院(注・現在の心優会中江病院とは経営や診療内容が異なる)に強制入院させられて、診察もなしに『精神分裂病』と診断された。そこで不妊手術を強制された」と言う。

 小島さんには当時、精神分裂病(統合失調症)の主症状である幻聴や妄想は一切なかった。ただ、劣悪な生育環境の影響で生き方に悩み、グレていただけだった。

 両親は誰で、どこで生まれたのか。小島さんは今も知らない。物心ついた時には、比較的裕福な農家の長男として暮らしていた。

 子どもができなかった父母は、誕生間もない小島さんを「実子」として育てるつもりで、小島さんの産みの親から引き取った。ところが4年後に弟が生まれ、これを境に父母の態度は一変した。

 小島さんは、2歳の時に患ったポリオの後遺症で右脚を引きずるようになり、農作業が一人前にできなかった。このことも父母の態度に影響し、小島さんは「いらない子」扱いされるようになった。

 小島さんは酒を飲まない。飲めない体質ではないが、「飲む気にならない」。酔った父から殴る蹴るの虐待を受け続けたためだ。「酒は怖いというイメージしかないんです」。

 父に夕飯の汁をかけられたり、馬小屋の柱に縛られたりした。小学校では「もらいっ子」と冷やかされ、耐え切れずに喧嘩をすると、家でまた父に虐待された。

 「俺は要らない人間なんだ」「なんで生まれたんだろう」。崩壊寸前の幼心を支えたのは、復讐心だった。

 「今にみていろ。強くなってやり返してやる」

 中学生になると、家の金を持ち出して度々行方をくらました。中学卒業後、東京で定職に就こうとしたが果たせず、ススキノのチンピラを経てヤクザになった。

 成り上がるため見得を張り、上納金の他、服や持ち物などに金を使いまくった。足りなくなると実家に戻って父からせびり取る。もう抵抗できない父の姿を眺めながら「いい気味だ」と思った。

1/3ページ

最終更新:9/11(水) 8:01
現代ビジネス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

「現代ビジネスプレミアム」

講談社『現代ビジネス』

月額1000円(税抜)

現代ビジネスプレミアムは「現代ビジネス」の有料会員サービスです。2万本以上の有料記事が読み放題!会員だけの特別記事も配信。豪華ゲストによるセミナーも開催中。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事