ここから本文です

【ラグビーW杯】ジョセフHCを電話一本で日本代表入りさせた男 “赤鬼”が8強入りを確信する理由

9/11(水) 19:03配信

THE ANSWER

ラグビーW杯開幕まで9日、連載「楕円の軌跡―レジェンド・トーク2019」第14回はNZ出身で初の外国人キャプテンを務めた“赤鬼”アンドリュー・マコーミック氏

 9月20日に開幕するワールドカップ日本大会まで、あと9日。サンケイスポーツで20年以上にわたり楕円球を追い続けてきたラグビー・ライター吉田宏氏が、日本ラグビーを牽引してきたレジェンドたちの、日本代表、ワールドカップ成功への熱い思い、提言を綴る毎週水曜日連載の「楕円の軌跡―レジェンドトーク2019」。

【図表】2019年ラグビーW杯日本大会プール組分け

 第14回は、1999年ワールドカップで日本代表主将としてチームを率いたアンドリュー・マコーミック氏に話を聞いた。ニュージーランド(NZ)出身で、現在日本代表を率いるリーチ・マイケル主将と同じ境遇で桜のジャージーに袖を通したパイオニアは、ホームゲームで戦える“追い風”と伝統のスピードで、日本代表の8強入りを確信する。

 ◇ ◇ ◇

 史上初の外国人キャプテンとして、ワールドカップで桜の戦士たちを牽引したマコーミック氏は、いつもの柔和な表情で語り始めた。

「南アフリカ戦をみても、日本代表はいい感じだと思います。いい勉強になったんじゃないかな。ハイパントの処理、スクラムなどを考えると、南アフリカはいい相手でしたね。差はついたけど、ネガティブに考える必要はない。これから2週間でやらないといけないことがわかった試合です」

 現役時代に“赤鬼”などと呼ばれたマコーミック氏だが、それはプレーの激しさを形容したもの。誰からも愛され、柔らかい物腰はいまも変わらない。

 NZから来日する前には、名門カンタベリー州代表で主将も務めた。父親のファギーさんはオールブラックスでも活躍して、祖父から3代でのNZ代表入りが期待されていたが、当時のオールブラックスはマコーミック氏と同じCTBにウォルター・リトル、ジョー・スタンレー、フランク・バンスら名手と呼ばれた猛者揃い。代表セレクションで厚い壁に阻まれてきたマコーミック氏は、気持ちを切り替えるために短期の海外でのプレーを選択した。

梨で空腹を満たした“赤鬼”、2年でのNZ帰国を返上して日本代表闘将へ

「最初はイタリアか南アフリカでプレーするつもりだった。でも(移籍交渉で)決まったのは日本だった。1年目は、生活や練習の環境が違うんでキツかったね。早く帰りたかったし、選択を間違えたと思った」

 当時は、まだ日本でプレーする外国人選手は多くなく、十分な情報を得られずに来日。食べ物が口に合わず、ニュージーランドで食べていた洋梨と味の似た梨で胃袋を満たす時期もあった。

 来日時は、2年プレーした後に、再びNZに帰国してオールブラックス挑戦を考えていたマコーミック氏だが、日本のラグビーにも慣れた2シーズン目は東芝府中(当時)の中心選手として活躍。メンバーとの絆も強まり、同シーズンに全国大会で優勝を逃したことで、当初の予定を変更して日本での挑戦を続けることを決めた。

“赤鬼”という愛称の由縁ともなったハードタックルで、周囲では1995年ワールドカップでの日本代表入りを期待する声もあったが、マコーミック氏は「まだ日本協会の中でも、いろいろあった」と振り返る。

 95年大会後に国際ラグビーボード(IRB)はプロ容認へと舵を切ったが、当時の日本ラグビー界は依然としてアマチュアリズムを厳守していた。外国人選手についても、第1回ワールドカップから活躍するシナリ・ラトゥのような留学生選手と、企業チームと契約した助っ人外国人を差別化するような風潮も一部にはあった。

 その前近代的な“呪縛”を解き放ったのが、95年大会後に代表を指揮した山本巌氏であり、1年でバトンを受け継いだ平尾誠二氏だったという。

「いまリーチが代表主将になっているから、最近はよく初めての外国人主将ということも聞かれるけど、平尾さんとは1度もその話をしたことはなかった。外国人という意識は、スタッフにも僕にも全然なかったんです。東芝でもキャプテンをやっていたし、平尾さんからは、ただ『あなたが一番いいと思っている』と聞きました」

 いまや確認することはできない平尾氏が考えた任命理由だが、おそらくマコーミック氏がプレーヤーとして、そして人間として、日本代表のスキッパーに相応しいと判断していたのだろう。

1/3ページ

最終更新:9/11(水) 19:03
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事