ここから本文です

地元食材の魅力を伝える商品や料理がズラリ!「道の駅 ようか 但馬蔵」の手みやげベスト3

9/11(水) 8:00配信

ウォーカープラス

直売所で扱う野菜や果物は養父市のものだけなど、地元へのこだわりは随一。なかでも、八鹿発祥で400年以上の歴史を持つ朝倉山椒にこだわり、ケーキや漬物、肉までさまざまな形で味わえる。また、八鹿豚の商品も多彩。そんな「道の駅 ようか 但馬蔵」の手みやげベスト3をご紹介!<※情報は関西ウォーカー(2019年18号)より>

【写真を見る】朝倉さんしょソーセージセット(1080円)/道の駅 ようか 但馬道

■ 第1位 八鹿豚くんせい

きめ細かで柔らかなモモ肉に桜のチップでいぶしたスモーキーな香りがマッチ。酒の肴にも。

「網に包まれた八鹿豚は見た目も肉肉しくて、テンションUP。肉は柔らかく、豚の旨味が凝縮されていました」(編集部・重藤)

■ 第2位 朝倉さんしょ ソーセージセット

朝倉山椒入りのボロニアソーセージ、スモークウインナー、ノンスモークウインナーの3種。

「食感や風味が違う3種を食べ比べられるのはうれしい。程よく山椒が効いていてご当地感あり」(編集部・重藤)

■ 第3位 但馬のゆず山椒

“天滝ゆず”の皮と朝倉山椒を合わせた、さっぱりながら刺激的な味。刺身や麺の薬味に。

「贅沢に柚子の香りを堪能できます。素材感を残した柚子と山椒でいつもの一品がレベルアップ!」(ライター・シキタリエ)

■道の駅 ようか 但馬道<住所:兵庫県養父市八鹿町高柳241-1 電話:079-662-3200 時間:9:00~19:00 休み:なし 駐車場:134台(無料) アクセス:北近畿豊岡自動車道八鹿氷ノ山ICより車で3分>(関西ウォーカー・関西ウォーカー編集部)

最終更新:9/11(水) 8:00
ウォーカープラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事