ここから本文です

<ルパンの娘>深田恭子&瀬戸康史が“選んだ道”にファン悲鳴「和くん、華をあきらめないで!」

9/11(水) 5:30配信

ザテレビジョン

深田恭子が主演を務めるドラマ「ルパンの娘」(夜10:00-11:09、フジテレビ系)。第9話が9月12日(木)に放送となる。

【写真を見る】円城寺(大貫勇輔)からのバックハグに複雑な表情を浮かべる華(深田恭子)

同ドラマは横関大の同名小説を原作に、代々泥棒一家の娘・三雲華(深田)と代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の決して許されない恋愛を描くラブコメディー。

8月29日に放送された第8話では、和馬が自ら華に手錠をかけるシーンが描かれ、その展開にSNSでは「見るのがつらくなる」「どうなっちゃうの?」「悲しすぎる」といった声があがった。

注目の第9話では――

三雲華(深田恭子)は、よりにもよって愛する桜庭和馬(瀬戸康史)に手錠をかけられ逮捕されてしまった。護送されるパトカーの中で、華は和馬と愛を重ねた日々に思いをはせる。

和馬は無事に捜査一課への異動が決まるが、この異動に疑問を持っていた。そこで和馬は橋元エミリ(岸井ゆきの)と会い、元警視総監のエミリの祖父に今回の人事の裏に何かあるか聞き出してほしいと頼む。

だが、エミリは祖父と話などできないと、和馬の依頼を断る。エミリは、交際してほしいと言う自分の願いに対する和馬の答えを聞くが、和馬は誰かを好きになることは二度とないと告げる。

一年後、三雲家のタワーマンションに、尊(渡部篤郎)、悦子(小沢真珠)、渉(栗原類)、マツ(どんぐり)が戻って来る。相変わらず同じマンションの住人たちから高級食材を盗む泥棒三昧の家族たちは、一年経てば“Lの一族”など世間は忘れてしまっていると尊たちは余裕を持っている。

一方、一年前は華への思いから恋をあきらめようとしていた和馬は、なんとエミリと婚約し、結婚式への準備を進めていた。

また、和馬は捜査一課で新たな事件捜査に乗り出す。飲食店で働く女性が二人連続で、いずれも秋彦(イジリー岡田)ら三人組の男たちに連れ去られるという事件だった。捜査会議後、和馬は久しぶりに巻栄一(加藤諒)と会う。エミリと婚約したことに驚きを隠せない巻に、和馬はなぜ自分がエミリに心を開くことになったのかを話し始める。

――という物語が描かれる。

公式HPなどで見ることができる予告動画では、円城寺(大貫勇輔)が華をバックハグしながら「僕じゃダメなのかい…好きだ」と告白するシーンや、結婚式場で和馬がエミリに指輪をはめるシーンが描かれ、「それぞれの道を選んだ二人」というテロップが。

この驚きの展開に、ファンからは「華と和馬が幸せになるための試練なの?」「和くん、華をあきらめないで!」「和馬と華の笑顔が見たい…」といった悲痛の声が上がっている。

「ルパンの娘」第9話は9月12日(木)夜10:00より放送。

(ザテレビジョン)

最終更新:9/11(水) 5:30
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事