ここから本文です

スペイン代表、エースの座を射止めるのは? EUROに向けて5人の点取り屋をピックアップ

9/11(水) 20:01配信

Football ZONE web

モレノ監督の下で好調を維持するスペイン代表 有力候補はロドリゴとアルカセル

 ロベルト・モレノ監督の下で欧州選手権(EURO)2020出場に向けて歩みを進めているスペイン代表。注目されるストライカーのレギュラー争いについて、スペイン紙「マルカ」が特集。本大会での活躍が期待される候補5選手を紹介している。

【動画】スペイン代表、50mの高精度“クロスバー当て”勝負

 スペインはEUROの欧州予選をここまで6戦全勝で首位を走っている。今年6月に家庭の事情からルイス・エンリケ前監督が電撃退任となったが、アシスタントコーチだったロベルト・モレノ監督がその後を継ぐ形で監督に就任し、チーム作りが進められている。

 マルカ紙では、EURO本大会出場が近づくスペイン代表のなかで、誰がエースを務めるのかに注目している。「EURO2020でのスペインの9番となる候補5選手」と題し、前体制から起用されてきた5人の点取り屋を中心にピックアップしている。

 直近の起用法や成績から見て、有力候補と言えそうなのはバレンシアのFWロドリゴとドルトムントのFWパコ・アルカセルだろう。ロドリゴは8日のフェロー諸島戦(4-0)で2得点をマーク。アルカセルは実際に9番を背負い、5日のルーマニア戦(2-1)で1得点、フェロー諸島戦でロドリゴと同じく2得点を決めている。ともにクラブでも結果を残しており、モレノ体制で最も信頼を手にしている選手たちだ。

 それに続くのがアトレチコ・マドリードのFWアルバロ・モラタだ。直近の2試合は負傷で欠場となったが、それ以前の予選4試合全てに出場し、3得点を決めている。コンディションさえ万全であれば、レギュラー争いに名を連ねることは確実だろう。

 残る2人はセルタのFWイアゴ・アスパスとアトレチコ・マドリードのFWジエゴ・コスタ。エンリケ前監督からの信頼が厚かったレフティーのアスパスは前回の6月シリーズはメンバーに入っていたものの、直近の試合は選外となった。セルタでは不動の存在だが、代表での立場は微妙な状況となっている。

 実績十分のコスタにしても、最後に代表のピッチに立ったのは2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)のロシア戦(1-1/PK3-4)。記事でも「健康を維持できれば、復帰できる可能性はあるだろう」と言及されるにとどまった。

1/2ページ

最終更新:9/11(水) 20:01
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事