ここから本文です

「Pro」が登場した新型iPhoneはどれが買いか

9/11(水) 17:30配信

東洋経済オンライン

 アップルはアメリカ時間9月10日に、カリフォルニア州クパティーノにある本社でスペシャルイベントを開催し、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、Apple Watch Series 5、iPad(第7世代)を発表した。

この記事の写真を見る

 中でも注目されるのはアップルの主力製品である新型iPhoneだ。2019年モデルでは次世代通信規格である5Gへの対応が見送られ、サムスンなどの競合メーカーに後れを取る結果となった。その一方で、近年のiPhoneの懸案だった問題に取り組み、再び競争力をつけることになりそうだ。

■iPhone 11は「今年の色」の6色展開

 iPhone 11は縁なし液晶ディスプレー「Liquid Retina」を搭載するスタンダードモデルだ。2018年モデルのiPhone XRを引き継ぐが、プロセッサーにA13 Bionicを搭載し、カメラを進化させた。しかし目を引くのは新色だ。

 iPhone XRと同様に6色展開となったが、ブルーとコーラルの代わりに、パープルとグリーンを追加した。またこれまでも用意されてきたイエローとともに、よりやわらかなトーン色味が採用された。例えばグリーンは緑というよりはアイスミントのようなカラーだし、前年から引き継がれたイエローも淡い色。パープルは淡い小豆色にも見える。

 膨大なカラーパターンの中から選択したとされる色は、世界中のマーケティングデータから紡ぎ出された「今年の色」というわけだ。しかも、アルミニウムのフレームやアンテナラインにもボディカラーを染色するこだわりようだ。

 アップルはアメリカのガラス企業コーニングに投資し、スマートフォン史上最も硬いガラスを手に入れたと豪語する。iPhone 11では、背面はつるりとした滑らかな加工だが、カメラ部分はすりガラスのような加工がなされている。

 一方、iPhone 11 Proシリーズではこの加工が逆転し、カメラ部分がツルツルし、背面その他の面がマット加工となっている。しかも、このマットな面にアメリカの1セントコインをこすりつけると、コインの色が表面に粉として残るほどに硬かった。

 もちろん多くの人はケースを使うことになるだろうが、ガラスの背面も年々進化し、細かい傷がつきにくくなっていることも事実だ。

■カメラは2つ、3つへと進化

 スマートフォンの性能を測る一つの尺度にカメラがある。アップルはこれまでも、ただシャッターを切ればきれいな写真が撮れるシンプルなカメラを目指してきたが、Androidスマートフォンがカメラ数の増加や画素数向上に積極的に取り組んできた結果、性能として魅力的とはいえない状況となっていた。

1/3ページ

最終更新:9/11(水) 17:30
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事