ここから本文です

ポルトガルで戦う安西、前田は活躍も、 中島、権田は苦しいスタート

9/11(水) 6:17配信

webスポルティーバ

開幕前、ポルトの中島翔哉は今季ポルトガルリーグに加わった日本人選手の中で、ポルトガルのメディアにもっとも大きく取りあげられた選手だった。しかし、プリメイラ・リーガ第4節が終了した段階でもっとも活躍した日本人選手は、ポルティモネンセのDF安西幸輝と、マリティモのFW前田大然だった。

日本の2ゴールをお膳立てした中島翔哉

 2017-18シーズン、ポルティモネンセで輝かしい活躍を見せた中島は、ポルトガルのビッグクラブの関心を呼び、ポルトがベンフィカとの争いの末、獲得した選手だ。ポルトはカタールのアル・ドゥハイルに対して1200万ユーロ(約1億4千万円)を支払った。プレシーズンにおいて中島は、今季ポルトを去ったアルジェリア人のブラヒミのポジションで試された。しかし結局、中島は開幕までに自分のポジションを得ることはできなかった。

 当初、中島はブラヒミのつけていた背番号8番を引き継ぐ予定だった。しかしオリベル・トーレスがセビージャに移籍すると、ポルトの10番をつける選手がいなくなった。中島は10番が欲しかったのだろう。クラブに10番をもらえないかと尋ね、クラブも了解した。

 中島が入団会見で8番を見せたことで、ポルトの多くのファンが中島のユニフォームを購入していた。しかし10番に変更になったことで、すでに中島の8番のユニフォームを買ったファンも、追加の80ユーロを支払うことなく、新しい中島の10番のユニフォームを購入することができた。

 2004年にポルトを去ったデコ以来、10番をつけてきたのはクアレスマ、ポスティガ、クリスティアン・ロドリゲス、ハメス・ロドリゲス、フアン・キンテーロ、ダニエル・オスバルド、アンドレ・シウバ、オリベル・トーレスといった選手たちだ。だがとくに近年は、フアン・キンテーロ以降は10番をつけてきた選手が十分な活躍をしていない。果たして中島はそのことを知っていたのだろうか......。

第4節が終了した段階で、中島がプリメイラ・リーガにおいて出場したのは、第2節ビットリア・セトゥーバル戦のわずか1試合のみ。しかもベンチスタートで、後半ロマーリオ・バローに代わりピッチに立った時、ポルトは4-0でリードしていて勝負はほぼ決まっていた。プレーしたのはわずかに23分間だけで、中島は試合で自らの存在を示すだけの活躍を見せることもできなかった。

 中島がポルトにおいて公式戦デビューを飾ったのは、8月13日に行なわれたチャンピオンズリーグ予戦3回戦、対クラスノダールのセカンドレグだった。中島はこの試合先発で出場している。

 ポルトはファーストレグを0-1で勝利していたが、セカンドレグはホームで戦いながらも、2-3でまさかの敗戦。アウェーゴールの差によって、チャンピオンズリーグ敗退が決まってしまった。ポルトにとってはまさに悪夢のような出来事だった。中島は先発で出場しながらも、重要な試合で貢献することができなかったのだ。

 8月24日にエスタディオ・ダ・ルスで行なわれた第3節、ベンフィカとのクラシコ(2-0で勝利)を、中島は妻の出産に立ち会うために帰国したため、欠場した。その後1週間以上練習を休み戻ってきた中島だが、彼を取り巻く状況は、レギュラーポジションを争うどころか、18人の招集メンバーに入るために毎試合競争していかなければならなくなっていた。

 第4節ギマラインス戦は、ポルトが3-0で勝利しているが、この試合、中島は招集されていない。

 第4節を終えたプリメイラ・リーガは代表戦が行なわれるため休止期間に入っているが、中島にとっては失われた時間を取り戻すために、とくにコロンビア人選手のルイス・ディアスと争っていくために、重要な時となるはずだ。中島は日本代表メンバーに選ばれて、ポルトガルを離れた。

 もう一人の日本人選手、マリティモのFW前田大然は、能力の高さを第1節スポルティング戦から見せた。ベンチスタートだったが57分からピッチに立つと、強豪を相手にとても危険な存在であることを示したのだ。彼が放ったシュートはゴールの右ポストをたたいた。それが決まっていたらマリティモの勝利となっていたはずだった。

1/2ページ

最終更新:9/11(水) 6:17
webスポルティーバ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事