ここから本文です

2020年春夏NYコレハイライトVol.3 NYコレ中盤3日目の3ブランドをプレイバック

9/11(水) 21:00配信

WWD JAPAN.com

2020年春夏ニューヨーク・コレクションの折り返し、3日目の3ブランドをプレイバックする。

【画像】2020年春夏NYコレハイライトVol.3 NYコレ中盤3日目の3ブランドをプレイバック

"シエス マルジャン(SIES MARJAN)"

DESIGNER/サンダー・ラック(Sander Lak)

メイクアップやネイルポリッシュからインスピレーションを受けたカラーパレットには、鮮やかなレッドやイエロー、エメラルドグリーンが登場。テーマは「アイロニーや悪趣味、リアリティー番組、風刺などを批判し、ゆっくり時間をかけて自分らしさを発見することの美しさを捉えた」と話すサンダー・ラック。そんな思いを込めた洋服は、シルクをドレーピングしたドレスやテーラードデニムなど、ラグジュアリーなムードが漂う。今回はクロコダイル柄をさまざまな素材にエンボス加工を施したピースも多出。サテンやシルクはネイビーやアプリコットなどの落ち着いたカラーでそろえ、光沢感のあるレザーはレッドに染めることによりリップグロスをイメージ。得意とする色とドレーピングは健在だったが、今季は少しクチュールテイストは薄くなり、シンプルなピースが多かった。

[wwdj_page_link_block] [wwdj_internal_link postid="924701" title="「シエス マルジャン」2020年春夏ニューヨーク・コレクション全ルックはこちらから"] [/wwdj_page_link_block]

"パイヤー モス(PYER MOSS)"

DESIGNER/カービー・ジーン・レイモンド(Kerby Jean-Raymond)

黒人デザイナーのカービーは、歴史的に無視されてきた黒人にスポットライトを当て、“抹殺された黒人の歴史を取り戻す”ことを目的にコレクションを過去2シーズンに渡り作ってきた。その3部作の最終編だった今季は、ロック音楽の元祖と言われる黒人女性アーティストのシスター・ロゼッタ・サープにオマージュを捧げ、約3000人を収容するブルックリンのキングスシアターで開催した。聖歌隊が歴代の黒人ミュージシャンの有名曲を歌う中をモデルが歩き、まるで教会の日曜礼拝の中にファッションショーがあるかのような演出。ワイドショルダーのジャケットやフレアパンツなど、80年代を連想させるレトロなスタイルに、ストリートのテイストをミックスして現代風にアップデートした。さらに後半のルックはカービーがアーティスティック・ディレクターを務める「リーボック」とのコラボアイテムを連発。ロゴ入りのトラックパンツやレギンスなどのスポーツウエアにオーバーサイズのジャケットやシースルートップスを合わせたハイとローファッションの掛け合わせを提案した。

1/2ページ

最終更新:9/18(水) 16:44
WWD JAPAN.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ

  • ただ今の時間、メンテナンスの為一時的に購入履歴の表示、有料記事の購入及び表示でエラーになる事があります。エラーになった場合はしばらく時間をおいてから再度お試しください。