ここから本文です

コク旨な担々麺を食べ比べしたいんだ!恵比寿の美女が集まる隠れ家中華!

9/11(水) 5:20配信

東京カレンダー

恵比寿の人気店『チャイニーズダイニング 方哉』では種類豊富な坦々麺が味わえる。

食べ比べしたくなる坦々麺の美味しさと共に、同店の魅力を紹介しよう。

無化調中華にこだわる名店の坦々麺が絶品すぎる!

2016年7月、恵比寿の中でも名店ひしめくエリアに誕生した『チャイニーズダイニング方哉』。

隠れ家的なエリアだが、グルメ感度の高い美女で常ににぎわっている。魅力は、オーナーシェフの佐藤方哉氏が作り出す料理の美味しさにある。

無化調中華にこだわり、食材も契約農家から仕入れる季節の野菜や厳選した銘柄の肉、旬の魚介類を使用して作られる料理の中から、まずは人気の「坦々麺」を紹介したい。

ひと言に「坦々麺」と言っても同店では3種類を用意している。まずは一番ベーシックな味わいを楽しめる「白虎 坦々麺」をご賞味あれ。

スープを味わってみると、深いコクとどこか懐かしい味わいであることに気がつくだろう。それは味の決め手となる芝麻醤に白味噌をプラスすることで生み出されているという。

またスープと共に口へと運ばれてくる挽肉も美味。通常ボイルすることの多い挽肉を、中国醤油と砂糖で炒め煮にしており、挽肉からも旨みが溢れ出してくるのだ。

辛さを求めるならば「玄武 坦々麺」がおすすめ。

少し甘みのある中国醤油を使用し、自家製辣油をたっぷりとかけ、山椒で痺れる辛味と香りをプラスした一杯は、クセになる美味しさだ。

また、ラムとパクチーが好きなオーナーシェフの佐藤氏が考案した「ラムパクチー坦々麺」もぜひ味わって欲しい逸品。

ラムや野菜の旨みがプラスされたスープは、その他の坦々麺とはまた違った美味しさで、パクチーとの相性も抜群。

「玄武 坦々麺」と「ラムパクチー坦々麺」は、麺も太麺に変えることで、よりスープとマッチ。

ランチでは「汁なし坦々麺」や「朱雀 坦々麺」なども提供。これほど種類豊富な坦々麺を味わえる店は珍しい。

ぜひグループで訪れて、食べ比べを楽しんでみてほしい!

1/2ページ

最終更新:9/11(水) 5:20
東京カレンダー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事