ここから本文です

高知小2水死、被害児童の父と一緒にいた子供の親の思い

9/12(木) 7:00配信

NEWS ポストセブン

「今もよく眠れなくて睡眠時間は1日2時間ぐらいです。眠れないからお酒を飲んで横になるんですが、写真や動画を見ていると泣けてしまって…悔し涙ですね。何かできることはないんか、子供に無念があるとしたら晴らしてあげられることはないんかって…」

【別写真】優空くんが亡くなった現場となった下田川

 岡林宏樹さん(46才)は、肩を震わせ、涙を流しながら必死に声を絞り出した。夏休み終盤の8月23日、高知県高知市の下田川で小学2年生の男の子が水死体で見つかった。岡林さんの長男・優空(ひなた)くん(享年7)だ。

 優空くんは22日の午後、遊びに行ったまま帰って来ず、夜7時半、岡林さんが警察に通報。捜索が開始されたが、翌日の夕方、「無事でいてくれ」という願いもむなしく、川の中で遺体となって発見されたのだった。

「警察から事情を聞いて“なんで? なんで?”という言葉しか思いつかなかった。通夜、告別式の会場ではなんとか耐えましたが、終わった瞬間、自分でも信じられないほど涙があふれてきました。妻は、優空のことをよく叱っていたので“もっと優しくしてあげればよかった”とずっと泣いていて…でも、どう考えても理解できないんです。考えれば考えるほど、なんで溺れたの? やっぱりおかしい…」(岡林さん・以下同)

 岡林さんは最愛の息子の死を、ただの水難事故として片づけることに疑問を感じている。

 警察発表では、優空くんは22日、同じ小学校の1~5年生の友人4人と川で遊んでおり、午後5時頃、友人らは、1人で仰向けで“ラッコ泳ぎ”をしていた優空くんが水に沈んでいくのを目撃。怖くなって立ち去り、このことを大人にも伝えなかったというのだ。

「警察の説明にも、その説明を受けて書かれた新聞記事にも違和感しかありませんでした。ぼくは事故現場に何度も足を運び、警察にも何回も話を聞きましたが、矛盾だらけだった。真実はなんなのか。それを知りたい一心で、目撃談でも伝聞でもなんでもいいから、ツイッターで情報を求めたんです」

1/3ページ

最終更新:9/12(木) 10:20
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事