ここから本文です

カープファンになって仕事も生活も変わった 40代女性の活力になる趣味とは…〈AERA〉

9/15(日) 16:00配信

AERA dot.

 40代女性は公私ともに忙しさに追われる時期。脂がのっている今だからこそ、趣味などでパワーチャージが必要だという。キャリアを身につけ躍進する二人の女性の「自分時間」の過ごし方とは。AERA 2019年9月16日号に掲載された記事を紹介する。

【やってみよう!自分時間を楽しむ5カ条はこちら】

*  *  *
 一日思いきり働いて脳がパンパンの状態のまま帰宅する。頭も体も疲れているはずなのに、パソコンの前に座り、YouTubeを立ち上げ、広島カープの選手たちのプレーを見る。日本生命の健康経営推進部長の中林ルミさん(47)にとって、ここからが自分だけの特別な時間だ。

「プレーを見て、気づいたら感動で涙していることもあります。過去のプレーや気に入った映像を何度も見直すことも。何かに熱中する、ということはもうないかな、と思っていたのですが」

 6年ほど前、同じ部署にいた後輩がたまたまカープファンだったことがすべての始まり。

「ナイターを観に行くから一緒に行きません?」

 野球にもスポーツ観戦にも特別興味を持ったことがなく、誘われても「屋外で飲み会をするのね」くらいの感覚だった。

「最初は『あの選手、よく打つな』くらいにしか考えていなかったのですが、次第に夜のプロ野球ニュースで、知っている選手が取り上げられていると『あっ!』と反応するように。スポーツニュース一つにしても、見方が変わっていったんです」

 もっと多くの映像を見ることができるなら、といままで使ったこともないアプリもダウンロードしてみた。社内で話したことのなかった先輩や後輩が「カープファンなんでしょ、私も」と声を掛けてくれることも。そして何より、マネジメントの立場だからこそ得られる気づきがある、と感じている。

「選手はどういう気持ちでプレーしたのかな、と考えると、『私の部下は、どんな気持ちで仕事をしているのか』とまで、考えを及ぼすようになりました。苦手意識があるのかな? プレッシャーなのかな?と思うように。それが正しいとは限らないのですが、想像を広げることができるようになりました」

1/2ページ

最終更新:9/15(日) 16:00
AERA dot.

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事